花火大会で付き合う前に手をつないでもいいの?タイミングも重要!

夏は恋の季節なんて言われていますよね。

暑くなり活動的になってきますし、心もオープンになりやすいからなんて言われています。

また、夏はカップルで楽しめるイベントも多いですよね。
プールや海やバーベキューにキャンプ。それから夏祭りと、

そして花火大会です!!!

花火大会 付き合う前 手をつなぐ 画像1
~画像提供元~GIRLY DROP

花火大会に勇気を出して、気になるあの子を誘ってみたら、なんとOKされた!!!
よし、そこでもっと仲良くなりたい。

告白しちゃおうかな。いや、断られたらどうしよう!!
付き合う前に手をつなぎたいけど、それってアリなのかな??

私は普通のOLであり今は結婚していますが、今までに何人かと付き合ってきました。

付き合う前に手をつないだことも何回かあります。


そこで思ったことが、

付き合う前の手つなぎって結構効果的なんだな!!

です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


手をつなぐことで、何とも思っていなかった人も意識させてしまいます。

今までの経験談を踏まえて、花火大会での手つなぎデートについてのことを女性目線でご紹介させていただきたいと思います。


花火大会で付き合う前に手をつなぐのはありか?


花火大会で付き合う前に手をつなぐのってアリなのか?



めちゃくちゃ


アリです!!



個人的な意見ですが、付き合う前に関係を持つのはナシだと思っています。

私、結構お堅いタイプなんで(笑)

そんな私ですが、付き合う前に手をつなぐことはアリだと思っています。

【動画タイトル:手の繋ぎ方で分かるカップルのラブラブ度・9パターン】

これから花火デートに行く人で、タイミングを見てうまく手をつなげそうなら、その後の告白を成功させる為にも手をつないでください!!


なぜ手をつなぐことをオススメするかと言うと、この2つです。

  • 女性をドキドキさせられる
  • 告白して良いかどうかの見極めができる

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


《女性をドキドキさせられる》
手を繋ぐのが好きな女性ってとても多いです。

そして、少女漫画やドラマのような「付き合っていない男性からふと手をつながれる」という光景に憧れをもっている女性は結構多いです(笑)

そんな憧れの行動をされると、当然女性はドキドキします。
ドキドキさせることができたら、その後の告白の成功率も上がります。


《告白して良いかどうかの見極めができる》
手をつなぐのに成功したら、いずれ告白しますよね。
告白なしでスタートする交際もあると思いますが、個人的には告白してもらいたいです(笑)

なぜかというと、告白しないで付き合うと、女性側がいつの間にか去っていく確率が上がるからです。これは私の友人女性たちを見ていて、そう思いました。

告白されずになんとなく付き合い始めると「私たちの関係って何だろう」と女性が思いはじめます。
そんな時に女性が他の男性にアプローチされて告白されると、気持ちが揺れ動いてしまいそちらに行ってしまった!!というケースを何件も見てます。

話がそれましたが、男性が告白する前に手をつなぐことで、その反応を見てその後告白できそうか否かが分かります。

手をつないで、嬉しそうにしていたり、ぎゅっと握り返してきてくれるようであれば告白もすることをオススメします。


花火大会で女性が手をつなぎたいと思うタイミングとは?


花火大会で手をつなぐということは「アリ」だということが分かりました。

次に知りたいのが、


どんなタイミングでつなげば良いかですよね。


男性がつなぎたいと思うタイミングではなく、相手の女性がつなぎたいと思うタイミングで手をつなぐことができたらベストですよね。

花火大会 付き合う前 手をつなぐ 画像2
~画像提供元~ぱくたそ

それはどんなタイミングかというと、こうです。

  • 混雑している場所を歩くとき
  • 周囲にカップルがたくさんいる時
  • 無言になった時

《混雑している場所を歩くとき》
花火大会の会場はたくさんの人で賑わっていています。
ゆったり歩ける場所もありますが、混んでいる場所は歩くのも困難なほど混んでいます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


こういう混雑している場所で、さっと手を差し伸べてくれるシチュエーションに弱い女性は多いです。

また混雑を理由にすれば、自然に手もつなげるハズです。
この為に、敢えて混んでいる場所を狙って歩くのも良いと思います。


《周囲にカップルがたくさんいる時》
周囲にカップルがたくさんいる時に、手をつなぎたくなる女性は多いです。

いいなー、私もつなぎたい!!


こんな感じです。


例えば土手などで、花火を見るカップルも多いと思います。

このように特にカップルが集まりやすい場所を事前にチェックし、それとなくその場所に行ってみましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


《無言になった時》
これは、単純に疲れたり話がおもしろくなくて無言になっているか、手をつなぎたくて無言になっているかの見極めは必要です。

あえて、手をつないでほしくて無言になる女性もいます。

花火大会での女性との手のつなぎ方とは?


花火大会のデートで手をつなぐタイミングが分かったら、次はその手のつなぎ方ですよね。

まあ不自然な手のつなぎ方でも、女性も好意を持っていれば受け入れてくれますが、どうせなら自然につなぎたいですよね。

花火大会 付き合う前 手をつなぐ 画像3
~画像提供元~ぱくたそ

私のオススメな自然な手のつなぎ方はこれです。


  • 混雑している場所で手を差し伸べる
  • 女性がふらっとしたり、何かにつまづいたタイミングで手をつなぐ
  • 花火で盛り上がっている時にそれとなく
  • 「あっちの方がよく見えそう」などと言いながらつなぐ

《混雑している場所で手を差し伸べる》
混雑していると実際に2人一緒だと歩きづらいですよね。
また、気を付けていないとはぐれてしまうこともあります。
「はぐれないように」とか「この方が一緒に歩きやすいね」等と言い、手をつなぎましょう。


《女性がふらっとしたり、何かにつまづいたタイミング》
お酒に酔ったり、歩き疲れて女性がふらっとすることがあります。
また、何かにつまづくこともあります。

そんな時にさっと手をつかんで「大丈夫?」などと言いながら手をつなぐと、ドキドキするし、更に優しい人だなと好印象です。

男性がすでにフラフラだと、これができなくなるので、あまりお酒を飲みすぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


《花火で盛り上がっている時にそれとなく》
花火がたくさん打ち上げられている時は、絶好の手つなぎポイントです。
しかし、花火が打ちあがっている音が大きいので会話をするのが厳しい場合があります。そんな時は手をつないだ後に、軽くぎゅっと握ってみましょう。


《「あっちの方が花火がよく見えそう」などと言いながらつなぐ》
実際に、あっちの方が花火が良く見えようが、反対方向の方が良く見えようが、それはどっちでも構わないですよね(笑)

そういう口実で、その方角に連れ出します。その時に手をつなぎましょう。


まとめ


花火大会のデートに誘われ、手をつながれて、その後告白される。

こういうシチュエーションが嫌いな女性は、滅多にいません。


これがちょっと気になる男性からだと、なおさら嬉しいです。


花火大会に来てくれたという時点で、可能性はかなりあります!
手をつないでドキドキさせて、気になる彼女を意識させちゃいましょう。


花火大会で付き合う前に手をつなぐのありか?

アリです。理由は下記の2つです。
  • 女性をドキドキさせられる
  • 告白して良いかどうかの見極めができる

花火大会で女性が手をつなぎたいと思うタイミングとは?

  • 混雑している場所を歩くとき
  • 周囲にカップルがたくさんいる時
  • 無言になった時

花火大会での女性との手のつなぎ方とは?

  • 混雑している場所で手を差し伸べる
  • 女性がふらっとしたり、何かにつまづいたタイミング
  • 花火で盛り上がっている時にそれとなく
  • 「あっちの方がよく見えそう」などと言いながらつなぐ





スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ