一人暮らしの家具付きのデメリットとは?選択する基準とは?

一人暮らしをする時に家具を揃えなければいけないですよね。

最近では家具付きの物件も多数あり便利なので人気です。

SPONSORED LINK



家具付きの部屋のデメリットや選択する基準を紹介します。

 

一人暮らしの家具付き物件のデメリットとは?

一人暮らしの家具付きのデメリットとは?選択する基準とは? 画像1

家具付きの物件は引っ越しが多い方は家具を買いそろえなくても良いという点ではおすすめです。

最低限の家具や家電を揃える為には10万円ほどかかります。

洗濯機や炊飯器、冷蔵庫やテーブル、カーテンなどないと困るものは揃えたいです。

家具付きの物件は家具が備えられているのでそれらを揃えなくても良いので初期費用を抑えられます。
メリットもありますがデメリットもあります。

家具が設置されていますが好みに合わない場合もあります。

インテリアにこだわる方には向かない事もあります。

さらに家賃の面でも光熱費込になる事もあるので家賃が割高です。

初期費用は抑える事は出来ますが毎月の生活費が余計にかかるので安い物件を探している方には向きません。

 

一人暮らしの家具付き物件の方がよい場合とは?

一人暮らしの家具付きのデメリットとは?選択する基準とは? 画像2

一人暮らしの家具付き物件を選んだ方が良い場合もあります。

急な引っ越しの時には家具や家電を揃える暇がありません。

家具付きの物件なら急な引っ越しの場合にも衣類だけ持ってくれば引越しが出来ます。

また初期費用は抑えたいけど家賃は割高でも良いと考えている方にも向いています。

特に一人暮らしの場合には最低限の家電や家具でも生活は支障がなく、洋服も少ないため備え付けのクローゼットだけですみます。

家具付き物件の場合には持ち込む荷物が少ないので退去時も楽です。

退去時の引越しの際に運びだす負担も少ないので転勤が多いビジネスマンに家具付きの物件はおすすめです。

 

一人暮らしの家具付き・家具無しを選ぶ基準とは?

一人暮らしの家具付きのデメリットとは?選択する基準とは? 画像3

一人暮らしをする時に家具付き、家具なしを選ぶ基準を紹介します。

基準としては初期費用を抑えたい方や引越しを楽に済ませたい方、家電や家具は選ぶ事が出来ないのでインテリアにこだわらない方には家具付きの物件が向いています。

逆にインテリアにこだわる方や潔癖症な方、毎月の家賃を抑えたい方に向いていません。

家具付きの物件はクリーニングされているものの知らない人が使った家具を使用します。

気にする方は自分で家具を準備するか新築の家具付き物件を探した方が良いでしょう。

 

まとめ

家具付き物件は初期費用を抑えられるが家賃が割高の場合が多い

引越しが多い方や荷物の運び出しが少ない方が良い方に家具付き物件は向いている

家具付き物件を選ぶ基準は自分のこだわりが何かを基準で決める!

急な引っ越しが多い方は家電や家具を揃える手間が省けるので家具付き物件は便利です。

部屋によってはかなり充実した家具や家電が備え付けられています。

衣類だけ持って引越しが出来るもの魅力ですね。

先の事も見通して初期費用や毎月の家賃も考えて家具付き物件にするのかを決めるといいでしょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ