大掃除の際に行う換気扇の掃除のやり方とは?汚れが落ちにくい場所の対処法とは?

私が掃除で一番嫌いなのが換気扇です。

まめに掃除する場所ではないので大掃除の時の換気扇はカオスですね。

換気扇は汚れが酷くなると換気扇の動きが悪くて換気されない事もあります。

SPONSORED LINK



頑固な換気扇の汚れの落とし方や汚れが落ちにくい場所の掃除の方法を紹介いたします。

 

換気扇を掃除する前にやることとは?

大掃除の際に行う換気扇の掃除のやり方とは?汚れが落ちにくい場所の対処法とは? 画像1

換気扇が汚れると埃がたまり、そこからカビが発生する事があります。

早速、掃除を・・・の前にやる事があります。

大掃除で換気扇を掃除する前に必ず電源を切り、換気扇を分解しましょう。

最近の換気扇は簡単に分解できるタイプの換気扇が多いので素人でも簡単に出来ます。

カバーなどを外して分解をしたら直ぐに掃除という訳には行きません。

換気扇はかなり汚れています。

特に台所の換気扇はかなり汚れが凄いです。

羽は油まみれで、拭いただけでは汚れは落ちません。

換気扇の掃除をする前に汚れが落ちやすくなる換気扇の掃除の前準備のやり方があります。

重曹をお湯に混ぜて炭酸ソーダを作り、つけ置きする事で汚れが落ちやすくなります。

余裕があれば掃除する前の夜からつけ置きするのがおすすめです。
つけ置き用の洗剤もあるので探してみて下さいね!


 

換気扇をピカピカに掃除する方法は?

つけ置きで簡単!重曹で換気扇とコンロの掃除!!


大掃除の時の換気扇の掃除は徹底的に行いたい!
換気扇はつけ置きしてから掃除しましょう。

つけ置きしても汚れが落ちない場合にはパックする事でピカピカになります。

レンジフードや換気扇の汚れがひどい部分にはキチンペーパーに重曹水などを含ませてパックします。
時間は5分から10分で汚れの度合いにもよります。

先ほど説明したつけ置きだけでも十分汚れは落ちますがパックすると更に簡単に落とす事が出来ます。

最後はブラシやスポンジで擦るとピカピカです!

換気扇の掃除は手が荒れる事もあるので必ずゴム手袋をして下さい。

またブラシを使うと油汚れが飛び散る事もあるので新聞紙やビニールシートを敷いて行いましょうね。

動画には重曹を使ったつけ置きからの換気扇とコンロの掃除方法がありますので参考に。

 

換気扇の汚れが落ちにくい場所の対処法とは?

大掃除の際に行う換気扇の掃除のやり方とは?汚れが落ちにくい場所の対処法とは? 画像2

換気扇は細かい部分の汚れが落としにくい場合があります。

落としにくい場所の掃除の対処法としてはつけ置きする事で全体的な汚れが浮くので掃除がしやすくなります。

また細かい部分は歯ブラシなど小さなブラシや手袋型の便利グッズもあります。

またファン用の細かい部分専用のブラシも販売しているので使いやすいタイプのグッズの活用をする事で換気扇を綺麗にする事が出来ます。

 

まとめ

掃除の前に電源を切り、換気扇を分解してつけ置き

汚れの酷い部分は重曹でパック

汚れが落ちにくい場所は小さなブラシや便利グッズを使おう!

大掃除では拭くだけで終わらせていた方は
つけ置きで換気扇を綺麗にしましょう。

重曹は100均でも売っているので低価格で掃除をする事が出来ます。

特に台所は油汚れも酷いので憂鬱になりますが、カビなどが発生すると空気も悪くなります。

大掃除ではそういった汚れも一掃しましょう!


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ