業務用加湿器で快適な空間を

業務用加湿器はどのような場所に使う?


加湿器の需要が高まっていますが、どのような場所で
使われているのでしょうか?

SPONSORED LINK



オフィス、店舗などはもちろん、健康を管理する医療施設や福祉施設、
学校関連施設、また製品を製造する工業施設
でも業務用加湿器は
活躍しています。

うるおリッチCMロングバージョン |三協エアテック (SAT)



他にも美術館や官公庁などの施設でも使用されており、
実は身近な存在なのが業務用加湿器なのです。

業務用加湿器を導入する理由は様々ですが、住・作業環境の保全と
安全という目的は同じだと思います。

業務用加湿器はどのようなものがある?


業務用加湿器画像1

業務用加湿器を取り扱うメーカーはいくつもありますが、
使用する場所により勧める製品(シリーズ)が異なっていることが殆どです。
その理由は、使用する場所により優先される作用が異なるからでしょう。

例えば医療や福祉施設など高齢者や免疫の弱った人が多くいる場所では、
殺菌作用の強いフィルタの加湿器を置きます。

特に医療施設などではウイルスなどが浮遊しているので、
こういった働きが重視されるのです。

教育施設(学校や保育園など)では消臭作用の付随も重視されますし、
精密機器などを扱う工業施設では加湿する水に含まれる不純物の少なさ
が重視されます。

この様に内蔵するフィルタの構造・内容が違ったり、設置場所によって
大きさやデザインも変わります。

業務用加湿器を導入しようと考える際は、どのような場所(業種)
に置くのか?一番に解決したい問題がある場合はそれは何なのか?

(例えば臭いなのか、ウイルス対策なのか)の優先順位などを具体的
にするべきでしょう。

業務用加湿器の場合は導入コストも高価になります。
それに見合った対費用効果を望むために、ぜひ目的に合った加湿器を
設置してください。

業務用加湿器のレンタルとは?


業務用加湿器画像2

業務用加湿器は高価な製品の為、運用する期間が区切られている
場合や短期間の使用を予定している場合
は、レンタルサービスを
利用するといいでしょう。

業務用加湿器を購入する場合は、天井に設置するタイプや
据え置き型
などがありますが、レンタルの場合は移動型というタイプが主です。

導入を考え、問い合わせをする際に確認したいのは、
レンタルが可能な日数(最短と最長)、設置する場所に向くタイプや
レンタル費用
ももちろん確認しますが、実は結構かかる配送料などに
ついても聞いておきましょう。
(精密機器で重いのでどうしても高くなります)

喫煙スペースで使用する場合も事前に申告しておきましょう。

健康維持はもちろん風邪、インフルエンザ対策で活躍する
業務用加湿器
ですので、上手に選択して快適な空間を作りたいですね。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ