外国のクリスマスと日本のクリスマスの違いとは

クリスマスは、キリスト教徒の為のお祭りである事は、
沢山の方が御存知かと思います。
では、外国のキリスト教徒の方はどんなクリスマス
すごしているんでしょうか。
日本のクリスマスと海外のクリスマスの違いを纏めてみました。
本場のクリスマス、実はこんな風に過ごしています!

外国のクリスマスの風習


外国クリスマス画像1
出典:http://www.pakutaso.com/20121223352post-2245.html

日本でのクリスマスと言うと、やはり恋人同士の神聖な行事
といった印象が強いですよね。
海外でのクリスマスは、日本とは少し違い遠くの親戚や
家族も集合する行事
です。
どちらかというと、日本のお正月に近いかもしれません。
家族や親戚で集まって、美味しい食事を楽しむのがクリスマスイブ。

朝になると、プレゼントを交換します。
海外では、クリスマスプレゼントは二個~三個貰う事もあるとか。
ツリーの下に積んで置いて、朝になると子供たちがそのプレゼントを
開けて歓声を上げる…というのがクリスマスの朝の光景。

クリスマス当日は、綺麗にお洒落をして教会に行く家も多いそうです。
教会に行ってミサに参加したり、聖歌隊の歌声に耳を傾けて、
イエス・キリストの誕生を祝います。

日本より、宗教的な意味が強いのが特徴ですね。


外国と日本のクリスマスの違い


外国クリスマス画像2
出典:http://www.pakutaso.com/20141027303post-4776.html

やはり、一番の違いは家族で過ごすこと。


日本の場合は、恋人同士のイベントという意味合いが強いですが、
外国では少し違います。この日ばかりは、恋人とのデートより
家族との食事を選ぶカップル
も多いそうですよ。

また、クリスマスカードも日本と違ってかなり頻繁に贈り合いをします。

日本で言う年賀状のかわりがクリスマスカード。


凝ったものやお洒落なものも多数販売され、12月の中頃から続々と届きます。
届いたクリスマスカードは、ツリーに飾る家庭もあるそうですよ!
お洒落なカードを貰うと、思わず嬉しくなって見せたくなる
心境は分かる気がしますね。

外国のクリスマスプレゼント事情


外国クリスマス画像3
出典:http://www.pakutaso.com/20111242344post-991.html

基本的に、クリスマスプレゼントには「これ!」
と決まったものは、あまり無い様です。
日用品(服やタオルなど)や雑貨・食べ物など、様々なものを
贈り合っているそうです。


ただ、ドイツなどでは、伝統的なプレゼントとして
木工製品を贈る地域もあるそうです。
アメリカなどは、クリスマスには殆ど店が閉まってしまうために、
クリスマスの日に食べるケーキやシャンパン・お酒等を贈って、
それを皆で食べる事もあるそうです。

クリスマスの日は、教会に行く程度で殆ど外出しないそうなので…
本当に日本のお正月の様なイベントなんですね!

地域によってプレゼントも様々ですが、やはり相手の事を考えて
欲しがっているものを贈る事が多いので、決まったものを贈るのでは無く、
毎年様々なバリエーションがあるそうです。

ただ、海外では複数プレゼントを用意することもありますので、
一つ一つの単価はあまり高くないものを選ぶそうですよ。

まとめ

如何ですか。場所が変われば、行事の内容も大きく変化するのが
イベントの楽しい所でもあります。
日本には、日本なりのクリスマスの過ごし方があり、
それもまた素敵なものです。
年に一度しかないイベントですから、お互いの過ごし方を大切にして、
素敵なクリスマスになると良いですね!


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ