我慢できない乾燥肌による背中のかゆみ!改善方法するには?

乾燥肌になると、悩まされるのがお肌のかゆみです。
寒い季節に重ね着をして、更にコートを着ている時なんかに背中がかゆくなると、ほんと困りますよね。

乾燥肌 かゆみ 背中 画像1
~画像提供元~モデル・フォト

だってそのままだと背中を掻けないですもん。

家であれば、コートを脱いで、更に下に着ている服を脱いで掻けば良いですが、外出先ではなかなかそうもいきません。

たとえ掻くことができたとしても、更にかゆみが増す場合もあります。掻いてかゆみがおさまったとしても、根本的な原因を考えて対策をしないと、時間が経つとまたかゆくなってきます。

また、背中は目で確認することができない場所なので、掻きすぎていつの間にか出血していたり、気づいた時には赤く腫れていたなんてこともあります。
私もエステに行った時に店員さんに指摘され、見てみると腫れが数か所あり出血していたので、とてもビックリしたことがあります。

それからは、時々お風呂上りに、鏡で背中のチェックをしています(笑)

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


乾燥肌で背中がかゆくなる原因は、これだったのか!!


そもそも、なぜ乾燥をするとお肌はかゆくなるのでしょうか?
下記がかゆみのメカニズムです。


  1. 肌の表皮の上にある角質層に「空気の乾燥」や「何らかの刺激」で傷がつく

  2. 傷から水分が出ていき、乾燥肌になる

  3. 肌のバリア機能が低下

  4. 刺激に敏感になり、空気の乾燥やちょっとした刺激でも反応する

  5. 脳がかゆみとして認識

乾燥肌 かゆみ 背中 画像2
~画像提供元~いらすとや

また、全身の中でも背中は特にかゆくなりやすい場所です。
その理由は2点です。

  • 目で見ることができない
  • 皮脂腺が少ない

目で見ることができない


手足や顔は目で見ることができるので、ちょっとかさついてきているなとか、傷がついているなということも確認しやすいですね。
このことから異変があればすぐ気づき対策が取れます。しかし、背中は症状が出てからでないと気づきづらいのです。

皮脂腺が少ない


背中は他の箇所に比べて皮脂腺が少ないです。その為、普通にしていても乾燥しやすいのです。
皮脂は少ないのですが、それにひきかえ汗はかきやすい箇所なので、汗が蒸発する時に体の水分を奪われやすく乾燥しやすいのです。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


次にかゆみの原因ですが、下記が考えられます。
  • 入浴時に背中をゴシゴシと洗いすぎている
  • 背中にシャンプー・リンスのすすぎ残しがついている
  • 保湿ができていない

次の項目では、これらの原因を踏まえ、乾燥肌による背中のかゆみを改善する方法をご紹介します。

乾燥肌による背中のかゆみ、改善方法はこの3つ!


乾燥肌による背中のかゆみを改善するポイントは、この3つです。

  • 入浴時には背中を優しく洗う
  • シャンプー・リンスのすすぎ残しに注意
  • 保湿をしっかり行う

入浴時には背中を優しく洗う


背中を洗う時に、強くゴシゴシとこすると傷がつきやすくなります。
ゴシゴシと洗った方が汚れがきちんと落ちる気がするかもしれません。

しかし、石鹸やボディーソープでたっぷりの泡を作れば、優しく洗っても泡の力で十分汚れが落ちます。
背中のかゆみがひどい人は専用のタオルではなく、手で洗うこともオススメです。
手で洗う方が体に残る水分量が多くなります。


【画像タイトル:体の洗い方】


シャンプー・リンスのすすぎ残しに注意


体を洗ってからシャンプー・リンスをしている人は、特にすすぎ残しに注意した方が良いです。
シャンプーやリンスに入っている成分が背中を刺激し、乾燥しやすくなります。

また、シャンプーやリンスのすすぎ残しがあると、背中ニキビもできやすくなります。
ニキビができると赤く炎症を起こしたり、ニキビがつぶれて血が出ることもあるので、傷がつくことになります。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


保湿をしっかり行う


背中は皮脂腺が少ないので、特に乾燥しやすいです。
乾燥している肌は外部からの刺激を受けやすくなっています。

保湿クリームを使い念入りに保湿を行いましょう。
刺激が気になる場合は、ベビーローションなどの赤ちゃんも使えるものを選ぶと良いでしょう。
家族がいる人は、頼んで塗ってもらうと楽ですよ。

乾燥肌による背中のかゆみが治らなかったら、この市販薬がオススメです。


乾燥肌による背中のかゆみに効果が期待できる市販薬として、オススメはこの3つです。

  • ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム
  • メンソレータムADクリーム
  • メンタームEXソフトクリーム

乾燥肌 かゆみ 背中 画像3
~画像提供~いらすとや

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム


これ、背中も勿論ですが、他の乾燥した箇所に使ってもモチモチした肌になります。
例えばすごく荒れた手に何度か使っていると、他のクリームではダメだったのに、ケラチナミンコーワだとすぐ直ります。

秘密は尿素にあります。
尿素は体内の水分を外に逃がさない効果があり、角質を柔らかくしてくれる効果もあります。

メンソレータムADクリーム


ナースの絵でおなじみのメンソレータムですね。
このクリームは、3つのかゆみを抑える成分(クロタミトン・リドカイン・ジフェンヒドラミン)が含まれています。

更に尿素も含まれています。
かゆみの他にも、じんましんや虫さされにも効果が期待できます。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


メンタームEXソフトクリーム


2つのかゆみを抑える成分(リドカイン・ジフェンヒドラミン)が含まれています。
刺激が強くないクリームなので、敏感肌の人やお子様も使えます。

尿素は含まれていませんが、保湿成分のグリセリン・ワセリンが含まれています。


※とにかく保湿にこだわり、その視点から直したい人には「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」がオススメです。

※敏感肌ではない人で、まずはかゆみを抑えつつ、保湿も考慮したい人には「メンソレータムADクリーム」がオススメです。

※敏感肌の人で、かゆみを抑えたい人には「メンタームEXソフトクリーム」がオススメです。


普段の生活で気をつけても、乾燥肌による背中のかゆみがおさまらない人は、このように市販薬を使ってみても良いと思います。

まとめ


乾燥肌による背中のかゆみの原因は、下記が考えられます。


  • 入浴時に背中をゴシゴシと洗いすぎている
  • ・傷がついてしまう

  • 背中にシャンプー・リンスのすすぎ残しがついている
  • ・シャンプーやリンスに入っている成分が背中を刺激し、乾燥しやすくなる

  • 保湿ができていない
  • ・乾燥している肌は、外部からの刺激を受けやすい

乾燥肌による背中のかゆみの改善方法は、下記3つです。


  • 入浴時には背中を優しく洗う
  • ・たっぷりの泡で洗えば、汚れはちゃんと落ちる

  • シャンプー・リンスのすすぎ残しに注意
  • ・シャンプーやリンスに入っている成分が、背中に残らないように

  • 保湿をしっかり
  • ・保湿クリームを使って、念入りに。


乾燥肌による背中のかゆみに効果が期待できる市販薬は、下記3つです。


  • ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム
  • メンソレータムADクリーム
  • メンタームEXソフトクリーム

※とにかく保湿にこだわり、その視点から直したい人には「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」がオススメです。

※敏感肌ではない人で、まずはかゆみを抑えつつ、保湿も考慮したい人には「メンソレータムADクリーム」がオススメです。

※敏感肌の人で、かゆみを抑えたい人には「メンタームEXソフトクリーム」がオススメです。



乾燥肌による背中のかゆみは人の目につくことは少ないですが、自分の目で確認ができなかったり、厚着をしていると掻きづらい為、地味に辛いものです。
ここで紹介した方法を参考にしながら、かゆみから乗り切ってもらえたら嬉しいです。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ