乾燥肌で足のかゆみが我慢できない!改善方法は?

寒い時期や、夏でも空調の効いた環境にいることが多い人は、足のスネやひざがかゆくて仕方ないなんてことはありませんか?

それって乾燥肌が原因かもしれません。

乾燥肌 足 かゆみ 画像1
~画像提供元~Pixabay

~乾燥肌による足の症状例~
(※長く続いたり痛みやかゆみがひどくなった場合は、皮膚病の可能性もあるので、その場合は病院で診察をうけて下さい。)

  • スネやひざが白く粉が吹いたようになる
  • スネに赤いプツプツができる
  • かかとがひび割れている

水分は、湿度が高いところから低いところに移動する性質があります。
寒い時期や夏の空調が効いた環境の中は湿度が低くなりやすく、体内の水分が奪われやすい状況になります。
その為に肌自体が乾燥しやすくなります。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">



また、顔は化粧水やクリームで保湿する習慣がある人も多いと思いますが、ついつい足は保湿を忘れる(もしくはしない)人も多いと思うので、更に乾燥しやすい状態になるのです。

乾燥肌で我慢できない足のかゆみ。何でかゆくなるの?【スネ】【ひざ】【かかと】のパーツ別の原因


乾燥肌で足がかゆくなる原因について【スネ】【ひざ】【かかと】のパーツ毎にみていきましょう!!

乾燥肌 足 かゆみ 画像2
~画像提供元~Pixabay

※お肌の乾燥している箇所に保湿することはどの部分でも大事なことなので、保湿に関する内容は省略します。

①スネ

乾燥肌で足が乾燥する場合、まずスネから乾燥すると言われています。
ひざは曲げて動かすことがあるので、比較的症状に気が付きやすいですが、スネは動かさない場所なので、乾燥に気づきにくい場所でもあります。

乾燥肌でスネがかゆくなる原因について、下記が考えられます。

  • 力を入れて洗っている
  • 毛を剃る時に負担をかけている

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">



力を入れて洗っている


力を入れて洗っているつもりは無くても、硬いスポンジを使っていたり、しっかり汚れを落とそうとゴシゴシ洗っていると、肌に刺激を与え小さい傷をつけている可能性があります。
その傷から肌の水分が逃げだし、肌が乾燥しかゆみを生じやすい状態になります。

毛を剃る時に負担をかけている


スネに生えているムダ毛の処理で、カミソリを使っている人は肌に負担をかけている可能性があります。
どういうことかと言いますと、ムダ毛を剃る際に肌の表面も削っているからです。

そうすると傷がついたり、保水している役割の角質を無理にはがしていることになるので、乾燥を助長してしまいます。

②ひざ

乾燥肌でひざがかゆくなる原因について、下記が考えられます。
  • 角質がかたくなっている

ひざは曲げたり伸ばしたりと、常に力を受けやすいです。
また皮脂や汗が出ることが少ない場所なので、角質が厚くなり古くなった角質も溜まりやすいです。
そうすると、クリーム等を塗っても浸透しづらくなり、乾燥しやすくなります。
厚くなった角質はカサカサしてきて、外部からのちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを生じやすくなります。

③かかと

乾燥肌でかかとがかゆくなる原因について、下記が考えられます。

  • 皮脂腺が無い
  • 角質がかたくなっている

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


皮脂腺が無い


かかとには皮脂腺が無いです。
皮脂が出ない為に他の場所より乾燥しやすいので、外からの刺激に敏感になり、かゆみが生じやすくなります。

角質がかたくなっている


ひざと同様で、常に力を受けやすい場所です。
その為に角質が厚くなり、古い角質も残りやすくなるので肌が持つ保水機能が崩れやすくなります。

ひび割れをおこし出血することもあり、靴下や靴を履いていると蒸れやすく、かゆくなりやすい場所です。

乾燥肌でつらい足のかゆみ。ちょっと意識するだけで違います!【スネ】【ひざ】【かかと】のパーツ別の改善方法


①スネ

  • 力を入れずに優しく洗う
  • 毛を剃る時の負担を小さくする

力を入れずに優しく洗う


スネは皮脂腺が少ない場所なので、他の場所より乾燥しやすく、ちょっとした刺激で傷がつきやすいです。
その為、体を洗う時も力を入れずにたっぷりの泡で包むように優しく洗いましょう。

毛を剃る時の負担を小さくする


脱毛サロンや病院で脱毛するのもアリですが、お金がかかるので、自分で処理をしたい人も多いと思います。
その場合は肌に負担の少ない電気シェーバーをオススメします。

角質をほとんど削らずに処理ができるので肌を傷つけにくいです。
カミソリを使う場合は、ボディークリーム等をつけて滑りを良くした状態で剃りましょう。
終わった後もボディークリーム等をつけて保湿することを忘れないようにしましょう。

【動画タイトル:カミソリで脱毛!正しいやり方教えます!】

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


②ひざ

厚くなった角質をピーリングする


厚くなった古い角質を無理やりはがすと、傷がついてしまい更にかゆみが増します。
とはいえ、取り除かないと乾燥は続くので、ピーリングで古い角質をとりましょう。

自宅でもできるので、ドラッグストア等でピーリング用のジェルやクリームを用意し、週1~2回を目安にピーリングを行いましょう。
ピーリング後に保湿クリームなどを塗ると保湿成分が入りやすくなります。


③かかと

厚くなった角質をピーリングする


ひざと同様に、厚くなった古い角質を取ってあげると、本来の肌の機能を取り戻しやすくなります。
ひざよりもかかとの角質の方が厚くなりやすいので、かかとにはかかと専用のピーリング剤を使いましょう。

乾燥肌による足のかゆみを早く治したい!この市販薬がオススメです。


乾燥肌による足のかゆみに効果が期待できる市販薬について【スネ】【ひざ】【かかと】のパーツ毎にご紹介します。

乾燥肌 足 かゆみ 画像3
~画像提供元~Pixabay

①スネ

  • ヒシモア
  • ユースキン

ヒシモア


こちらは、皮脂を増やすことを考えた塗り薬です。スネは皮脂が少なく乾燥しやすいので、カサカサして粉が吹いているような状態でかゆみを伴う方にはオススメです。

ユースキン


血行を促進する効果があるビタミンeが配合されています。
血流がよくなると新陳代謝がよくなり、肌のコンディションもよくなります。
また保湿効果のあるヒアルロン酸や、皮脂分泌や新陳代謝を高める効果があるビタミンCも配合されています。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">



②ひざ

■クロキュア

クロキュア


硬くなった角質の中でも、特に黒ずんでザラザラした角質に効果が期待できます。
尿素が黒ずんだ角質を除去し、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進し、グリチルリチン酸モノアンモニウムが炎症を抑えてくれます。


③かかと

  • ヒビケア
  • なめらかかとスティック

ヒビケア


パックリと割れた皮膚を修復してくれる効果がある「アラントイン」と、内側に働きかけ肌細胞を健康にしてくれる「パンテノール」が含まれています。

なめらかかとスティック


スティックタイプなので、塗りやすいです。保湿効果のある「オリーブオイル」と「スクワラン」が入っています。
使っていくにつれて、なめらかな肌になることが期待できます。


まとめ


①乾燥肌による足のかゆみの原因


【スネ】
■力を入れて洗っている
■毛を剃る時に負担をかけている

【ひざ】
■角質がかたくなっている

【かかと】
■皮脂腺が無い
■角質がかたくなっている


②乾燥肌による足のかゆみの改善方法


【スネ】
■力を入れずに優しく洗う
■毛を剃る時の負担を小さくする

【ひざ】
■厚くなった角質をピーリングする

【かかと】
■厚くなった角質をピーリングする

③乾燥肌による足のかゆみにオススメの市販薬


【スネ】
■ヒシモア
■ユースキン

【ひざ】
■クロキュア

【かかと】
■ヒビケア
■なめらかかとスティック



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ