彼女が喜ぶクリスマスプレゼントでのレディース用腕時計は?

クリスマスプレゼントって毎年色々悩みますよね。
中身はもちろん、予算や流行…できるなら彼女に喜んで欲しい!
と思うのは当然のこと。
そこで、今年のクリスマスプレゼントには素敵な腕時計
はいかがですか?様々なブランドが展開している腕時計は、
機能性やデザインも幅広く、きっと満足してもらえると思いますよ!

レディース用腕時計のおすすめブランドベスト3!


レディース用腕時計画像1

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/87840?title=%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%80%80%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB13

腕時計は、そのデザイン性や機能性など多岐に渡り、
予算や渡す人の年齢などによっても様々。
ですが、その中でも安定した評価を得ているブランドを
ランキング形式で紹介します。
ぜひ参考にしてみて下さいね!

3位 GUCCI(グッチ)

予算面からすると、高価な部分にはなりますが…種類もデザインも豊富。
また、ブランドの名前の持つ力はかなりのもの。
20代から上の年代の女性には、安定した評価を得ています。

2位 agnes b(アニエス・ベー)

シンプルなデザインはシチュエーションを選ばず、
どんな場所でも使うことができます。
機能面でも、高い評価を得ており、特に20代から30代の女性の間では
一つあると嬉しいアイテム。
予算面でも強い味方です。

SPONSORED LINK



1位 Folli Follie(フォリフォリ)

やはり一位はこのブランドで間違いありません!
デザイン性も高く、種類も豊富ですから沢山の選択肢の中から、
彼女にぴったりのものを選ぶことができます。
年代の高い方でも、気に入って貰えるものが必ず見つかるはずです。
プレゼントの定番とも言えるブランドですので、
きっと喜んでもらえるでしょう。

レディース用腕時計の相場はどのくらい!?


レディース用腕時計画像2

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/48436?title=%E6%82%A9%E3%82%80%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%8A%E6%9C%AD%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%882

腕時計は、上を見れば100万円、200万円とかなりの値段になるものもあります。
予算もどのくらいを考えれば良いのか悩んでしまうことも…。
そこで、プレゼントをあげる彼女の年代からの相場を考えてみましょう。

20代…大学生から社会人になりたての彼女には、

2~5万円程度の予算の中で選択するのが良いでしょう。
高価なブランドの腕時計より、文字盤が見やすい機能性の高いもの
を選んであげると良いですね!

30代…この年代の女性には、

機能性はもちろんデザインの美しさを兼ね備えたものが喜ばれます。
予算も、4~10万円程度であればかなりの選択肢の中から選ぶ事ができます。
一緒に選んでプレゼントするのも良いかもしれませんね。

それ以上…ある程度の年代の女性だと好みのブランドも
定まってきている可能性
があります。
普段あまり手が届かないブランドのもの等はきっと喜ばれると思います。
10万円以上のものでも、きっと上品に使いこなしてくれる筈です。

クリスマスプレゼントでなんで腕時計?


レディース用腕時計画像3
出典:http://www.pakutaso.com/20121009290post-2038.html

腕時計は、指輪や宝石などと比べて実用性も高く、
男性目線でも選びやすいものです。
また、毎日使えるものですので愛用できますので
「使ってもらう喜び」を感じやすいですよね。

少し仲良くなってきた頃に、高価な指輪や宝石などを貰うと
びっくりしてしまう女性も少なくないと思いますが…


長く大切に愛用できる腕時計なら、きっと喜んでもらえると思いますよ!
また、男性から女性に時計を贈る事には「同じ時を歩いていこう」
という意味があるそうです。
渡す時に、ちょっとこういった言葉をそえてみると、
より喜んで貰えるでしょうね!

まとめ


クリスマスといえば、一年に一回しか訪れない大切なイベント。


沢山悩んだ時間も、喜んだ彼女の笑顔できっと報われることでしょう!
より、互いの距離が近くなることをお祈りしています。
素敵なクリスマスを楽しんで下さいね。



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ