インフルエンザの予防のためにマスクの効果とは?

寒い季節、流行しているのがインフルエンザです。

高い熱や咳に悩まされ、会社や学校などを休まなければならず…
できれば避けて通りたいですよね!

SPONSORED LINK



インフルエンザを予防する為に、マスクをする方も多いのではないでしょうか。

そんなマスクについてまとめてみました。


マスクってどんな種類があるの?



出典

http://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_4095.html

最近、薬局に行くと沢山のマスクが販売されています。

サイズ・色・形も様々で、値段の幅も広く悩んでしまうことも…。

そこで、基本的なマスクのタイプを三種類に分類してみました。

・織布(しょくふ)マスク…書いて字のとおり、布を織って作っているマスクです。ガーゼマスクなどがこのタイプに分類されます。何度も洗って使用できるのがポイントですが、予防効果と言うよりは、菌を相手に感染させない為のマスクと言えるでしょう。

・不織布(ふしょくふ)マスク…こちらは織っていないマスクです。織っていないと言っても、きちんと布の形はしています。実は、このマスクは繊維を接着・絡み合わせて作られており、織布マスクより菌をキャッチしやすいと言われています。予防向けのマスクです。

・医療用マスク…お医者さんや看護師さんが使用するタイプです。顔の形にフィットするように作られ、感染を防ぐ効果も高いのですが長時間の着用には向いていません。また、このマスクは通気性があまり高く無いので、呼吸が苦しくなる時もあります。主に医療機関向けのマスクです。


マスクの予防効果は…?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_821.html

残念ながら、マスクで感染を完全に防ぐことはできません。

ウィルスの感染経路は、主に「飛沫感染」、「空気感染」そして「接触感染」があります。


「飛沫感染」は、ウィルスの保菌者が咳やくしゃみを直接浴びて感染することです。

「空気感染」は、その字の通り空気に浮遊しているウィルスから感染することです。

そして「接触感染」は、電車の手すりやドアなどに付着したウィルスから
感染することを差します。

この三つの感染経路から考えて、マスクだけで全ての感染経路を防ぐことが
不可能なことは、容易に想像できるかと思います。

また、マスクそのものにも完全に菌をシャットアウトする役目は無く、
どちらかというと菌を「足止め」させる効果の方が高いと言えます。


マスクをするだけで感染は防げる!?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_794.html

結論を先に述べてしまうと、それは不可能です。

先述したように、ウィルスの感染経路の中で「空気感染」に関しては、
ある程度の効果をマスクも発揮します。

ですが、「飛沫感染」にもあるようにくしゃみや咳が
髪や洋服に飛ぶこともあるでしょう。


また、「接触感染」は、指や手のひらなどにウィルスが吸着します。

口を覆っているだけでは、とても予防することはできません。

マスクだけに効果を期待するのでなく、基本的な「手洗い」や「うがい」と併せて
マスクを装着することで、ある程度の効果は期待できることでしょう。


まとめ


できれば感染したくないインフルエンザ。

マスクだけでは到底防ぐ事はできませんが、体の免疫力を高めて
手洗い・うがいの習慣
をきちんと繰り返して出来る限りの予防をしておきましょう!



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ