インフルエンザ薬リレンザの効果とは?

インフルエンザを発症すると、処方される薬として一般的に知られているものは
「タミフル」や「リレンザ」があります。

SPONSORED LINK



それぞれ特徴や効果も様々ですが、今回は「リレンザ」についてまとめてみました。

是非参考にしてみて下さい。


リレンザとは?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/11/blog-post_553.html

タミフルもリレンザもインフルエンザウィルスの「増殖」を防ぐための薬です。

では、両者の違いは何かというと、一番大きな違いはタミフルは錠剤である事に対し、
リレンザは吸入薬であることです。


また、タミフルは10代未満の子供が服用できない事に対しリレンザには
その制限はありません。


ですが、吸入薬ですので上手く吸入出来ない可能性があります。

こういった面では保護者のサポートが必要になる薬です。

A型またはB型のインフルエンザウィルスに効果を発揮します。

微妙に、ではありますがB型に対しては効果を発揮しやすくA型のインフルエンザ
ウィルスの場合は、効果が出ないことがあるという報告もあります。


リレンザの効果とは



出典

http://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_4095.html

先述したように、リレンザはインフルエンザウィルスの「増殖」を防ぐ薬です。

この為、インフルエンザであることが判明した場合、服用が早ければ早いほど
効果が期待できます。

また、リレンザは吸入薬ですからインフルエンザウィルスが増殖しやすい気道に
直接働きかけて、吸入して1分後にウイルスの増殖を抑制しはじめます。

正しい方法で服用すれば、効果もそれだけ期待できる薬です。

気を付けて欲しいことは、薬を服用して熱が下がり症状が緩和されたとしても、
保菌期間があります。周囲への感染拡大を防ぐためにも、医師の許可が出るまでは
外出や出勤・通学などは控えましょう。



リレンザの副作用について



出典

http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_7634.html

タミフルと比べると副作用が少ないように思えるリレンザですが、吸入薬ですので
濃休憩の疾患がある人には症状が悪化する可能性が少なからずあります。

また、報告されている副作用として下痢・発疹・嘔吐やじんましんなどがあります。

過去に薬を服用して、このような症状が出たことがある人は吸入前に医師や薬剤師に
相談しておく必要があります。注意して下さい。

また、万が一服用してこのような症状が出た時にはすぐに服用をやめ、
医療機関に相談をしましょう。

また、リレンザは1日2回、5日間の服用が必要です。

症状が緩和されたり、熱が下がったからといって、服用を簡単に
止めてしまうのではなく医師の指示に従って必要と言われた日数分は
きちんと服用して下さい。


まとめ


タミフルと比べると安全性が高いように感じるリレンザ。
ですが、吸入薬という性質上、どうしても苦手を感じる人も少なくありません。

心配な時は、医師に相談して正しい服用方法を指導してもらうようにしましょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ