インフルエンザの予防のためのうがいの効果とは?

インフルエンザだけでなく、様々な病気の予防として言われている
手洗い・うがい。そのうがいにはどれだけの効果があるのでしょうか。

SPONSORED LINK



今回は、そんなうがいについてまとめてみたいと思います。


効果あり?なし?うがいについて



出典

http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_9394.html

子供の頃から言われてきた「手洗い・うがい」。

もちろん、それに全く効果が無いわけではありません。

うがいをする事によって、口臭の発生を防いだり虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

のどを適度に刺激して粘液の分泌や血行を盛んにし、
のどの潤いを保っておくことは菌の繁殖を防ぐことに繋がります。

一般的な風邪予防には適した方法であると言っても良いでしょう。

ただ、インフルエンザウィルスとなると別です。

インフルエンザウィルスは感染力が高く、口内に入って気道の粘膜に取りつくと
約20分で感染すると言われているからです。


こうなると、20分ごとにうがいをしなければいけなくなりますがそれは不可能です。

だからといって、うがいに効果が無いわけではありません。

インフルエンザだけでなく、様々な病気の予防に期待が出来るのは確かですから、
欠かさず行って下さい。


これがオススメ!うがい薬



出典

http://www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_954.html

市販されているうがい薬は沢山あり、どれを選べばよいか悩む…!
という方も多いと思います。

特に人気があるメーカーとしては「コルゲンコーワうがい薬」や
「キレイキレイうがい薬」・「イソジン」
などが広く使用されています。

使用方法などに多少の違いはありますが、やはり自分の使いやすい
メーカーのものを使用するのが良いでしょう。

うがい薬の苦手なお子様などは、「キレイキレイ」のうがい薬に
フレーバー付きのものがありますので、そちらを使用してみると良いでしょう。


また、携帯用のうがい薬を販売しているメーカーもいくつかありますので、
仕事先や旅行の時などに持ち運ぶのも良いかもしれません。


いつ、どんなタイミング?うがいをする時



出典

http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_7634.html

予防のためにはどのタイミングでうがいをすれば良いのか
悩む方もいらっしゃるかもしれません。

うがいは基本的には外出から帰宅した時・人ごみから戻って来た時の
タイミング
が良いでしょう。

ウィルスが体内に侵入する機会が最も多いのは、人ごみの中や乾燥した空気の中で
感染する
ことが多いので、こういった空間内に長くいる場合は可能な限り
うがいをした方が予防効果は期待できます。

また、口の中がリフレッシュすることで気分が良くなることもありますので
仕事中、少し気分転換にうがいをしてみるのも良いかもしれませんね。

気分転換・風邪予防にうがいをしてみて下さい。


まとめ

インフルエンザを予防するにあたって、これだけしておけば良い!
という予防方法は残念ながらありません。

ですが、うがいであったり手洗い・マスクなど色々な予防策をしておくことで
感染する確率を下げることはできます。

元気で健康な毎日のために、手洗い・うがいは忘れないようにしましょう!


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ