ハロウィンで使う装飾を折り紙で作る方法

10月になると、街の至る所でハロウィンムードが高まってきます。
見た目にハロウィンだなと感じるきっかけは、やはり町のお店などで
「ハロウィンオーナメント」を見つけた時ではないですか?

自宅でも簡単にハロウィンの飾りを作ることができます。
>材料は・・・折り紙です。

ハロウィンで使う装飾を折り紙で作る場合、どんなものがよく作られるか?


ハロウィン折り紙画像2

折り紙でハロウィンの飾りを手作りする時、作ってみたいと思うモチーフは
やはり「ハロウィンかぼちゃ」ではないでしょうか。

ハロウィンの象徴はかぼちゃだけではなく、悪魔をイメージさせる
キャラクターとしてこうもりやクロネコが、あとランタンを灯すろうそくや、
合言葉を告げてもらう事ができるキャンディーやクッキーなどのお菓子の
モチーフがよく作られています。

どうやって装飾を折り紙で作るか?


ハロウィン 折り紙画像1

簡単にカラフルな色目の飾りを作ることができるという点で、
折り紙を使うのはとても便利ですが、それぞれが単色、織り込むと
平面になってしまう、おる作業も難しいという難点があります。

そこで、よく知られている折り紙の風船をアレンジして、
立体的なハロウィンカボチャを作るという方法があります。

SPONSORED LINK



オーナメント毎に作り方を確認して、一つ一つ作業するというのが大変だと、
作る前から気がなえてしまう人は、大きな画用紙などをカンバスにして、
折り紙を簡単に折ったり切り絵にしたものを貼り付けて、
壁がけにするというアイデアもあります。

立体的なかぼちゃや、角を併せて数回折り込むだけで作ることができる、
蝶々などの動きがある折り紙ならば、竹串に張り付けてコーナーに飾ったり、
紐を付けてたくさん吊るすという飾り方が良いでしょう。

子供でもできる簡単な折り紙は?


How to make a paper pumpkin decorations or centerpiece

家に折り紙があれば、一生懸命に熱中して作るのも良いですが、
子供たちと一緒につくると楽しさが増します。
そこで、子供でも簡単に作ることができるハロウィンの折り紙として、
ミニかぼちゃを紹介します。

まず、オレンジの折り紙を三等分し、短冊に切ります。
短冊になった一枚を両端を合わせて降りながら8等分になるように
折り目を付けます。
降り目に沿って山折りと谷折りを繰り返し、じゃばらになるようにします。

できたじゃばらをの両端を丸くハサミでカットして、
山折り部分を上にして半分に折り、半分に折り重なった角を少しカットします
(これがかぼちゃの芯がつくところ)。
じゃばらの二山目の真ん中に挟むようにして、緑色の折り紙を細長く
カットした折り紙をテープで留めます。
半分の折り目部分をホッチキスで止めます。止めた真ん中から
じゃばらを広げていき、それぞれの両端の部分をテープで重ねてくっつけます。

均等に広げていけば、可愛らしいかぼちゃの完成です。
ハロウィンでもらえるキャンディーは、折り紙の真ん中に
不要なビニールや紙を丸めて入れて、包み込むようにし、
両端をギュッとつまんでテープやリボンで留めれば、
あっという間に出来上がります。

さまざまな折り方で簡単にオーナメントを作ることが
できるのが折り紙の楽しさです。
仮装だけではなく、部屋の雰囲気を上げるハロウィンの飾りを
作ってみませんか。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ