知らないと損をするハロウィン用子供衣装

日本でも仮装パーティーの代名詞のように近年知名度を上げてきた「ハロウィン」。
ハロウィンとはそもそも、キリスト聖徒の間で行われている
「秋の収穫の祝いとこの時期に悪さをする悪霊を追い払うための行事」
のことと言われています。

悪霊払いをするために、仮装をして驚かせて、かぼちゃをくりぬいたお面
をかぶって追い火をともすことから派生した、ハロウィンカボチャも有名
になりましたね。

ハロウィンの子供用衣装には何がある?


ハロウィン子供お菓子画像1

仮装をしていると可愛らしいと注目されるのが子供たち。
ハロウィンの始まる10月31日から11月2日には、
仮装をした子供たちが家々を廻って
「Trick or treat!(お菓子くれないといたずらするそ)」と言いながら
近所で多くのお菓子をもらいます。

SPONSORED LINK



この時のマストアイテムは子供の仮装衣装です。

発祥地では各家庭がハロウィンに合わせて、凝った衣装を
手作りするのが伝統となっていますが、中でも「デビル」「死神」
「かぼちゃアイテム」「天使」
は定番といえます。

ハロウィンの子供用衣装はどこで買う?


衣装の全てを手作りするというのはなかなか大変です。
便利な仮装用衣装が、シーズン前になるとおもちゃ屋さんや、
子供服売り場で多く取り扱われているのを見かけます。

店頭で買う事が出来ればいいのですが、子供用の衣装となると
サイズや色に偏りがあることも。
また飾り付け用のアクセサリーは衣装とは別の売り場にあったり、
お店を何軒も廻ってお気に入りのアイテムを見つけ出すのはなかなか大変です。

そこで、最近ではインターネット通販で購入する人が圧倒的に増えています。
衣装の全てをコーディネイトしてセットで販売されているものから、
手持ちのお出かけ着や普段着に付け加えてアレンジできるデコレーション用
のアクセサリーまで様々です。

特に人気なのは、帽子やカチューシャなど、頭部の飾り付け用アイテムです。


服は普段着でも、幅広の黒いつば帽子にカボチャのキーホルダーを付ければ、
それだけで雰囲気がぐっと上がります。

ハロウィンの子供用衣装の作り方


ハロウィン子供画像2

子供用とはいえ、衣装の全てを買って揃えようとすると金額もそれ相応に掛かります。
できるだけ安くかわいく仕上げようとするなら、一部に手作りアイテムを加える
というのが良いでしょう。

男の子なら、白シャツに黒のズボンがあればOK。
100均などで購入できる黒ハット、それにハギレの黒サテン生地を
肩からまとって、赤の蝶ネクタイ(家にある赤いリボンを蝶結びして
輪の下にリボンの端を隠せばそれらしく見えます)を結び、
段ボールを細くステッキ風に形作ってガムテープで固めれば、
何となくマジシャン紳士な仮装が完成。

女の子なら、レース生地のハギレを数種類用意して、
手持ちのスカートの上から何重にも重ねてピン止めし、
ふんわり感をだしたもの。それにカラーTシャツを着て、
髪に大ぶりなリボンを結んでほうきを持てば、
かわいい魔女の雰囲気が出せます。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ