大掃除の際に行うキッチンの掃除のやり方とは?掃除する際に使用する便利グッズは?

大掃除だからこそ日頃、あまり掃除が出来ない場所の掃除をしたいと思う方もいますね。

特にキッチンは見える所は綺麗にしていても見えない部分の掃除はしていない方も多いんじゃないでしょうか?

今回は大掃除の際に行うキッチンの掃除のやり方や掃除の時に使うと便利なグッズについて紹介いたします。

 

キッチンはどこを掃除するか?

大掃除の際に行うキッチンの掃除のやり方とは?掃除する際に使用する便利グッズは? 画像3

キッチンの大掃除をする時にどこを掃除するか悩みませんか?

  • 換気扇
  • グリル
  • レンジ周り
  • シンク周り
  • 調理台
  • 冷蔵庫

シンク周りなどは目に付くのでまめに掃除をする方も多いですね。

ですが換気扇やグリル、レンジ周りは後回しにしてしまいがちなので大掃除では積極的に掃除をしましょう。

SPONSORED LINK

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


また毎日、使う冷蔵庫ですが掃除をしないと悪臭の原因にもなります。
拭き掃除だけも行うと冷え方も変わってきますよ。

 

キッチンで重点的に掃除する場所はどこか?また掃除方法は?

つけ置きで簡単!重曹で換気扇とコンロの掃除!!


キッチンの掃除を日頃から行っている方は掃除を怠っている場所を重点的に行いましょう。

特に我が家はレンジ周りやシンク周りは汚れたら掃除をしていますが冷蔵庫や換気扇はあまり行いません。

自分の家はどうかな?と日頃の掃除の場所を思い返してみましょう。

キッチンの掃除の方法ですが場所により違います。

・換気扇

換気扇の掃除のやり方は電源を切った後に換気扇を分解し油汚れがひどい部分やつけ置き出来る部品は重曹水などをバケツなどに入れてつけ置きします。

汚れの度合いによりますが2時間ほどつけ置きした後にブラシなどで擦って汚れを落とします。

分解が出来ない換気扇の場合は重曹水やセスキなどを汚れに直接スプレーして汚れを浮かせて掃除をするか、キッチンペーパーなどに洗剤を含ませて汚れの上にパックをして汚れを浮かせて掃除をしましょう。

・レンジ周り

レンジ周りにも油汚れや焦げなどがこびり付いています。

大掃除の時は洗剤などで油汚れや焦げを浮かせてから拭き取りましょう。

この場所はレンジ周り用のウエットティッシュを使いまめに掃除をするようにしましょう。

SPONSORED LINK

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7835698289543623"
data-ad-slot="2147238774"
data-ad-format="link">


・グリル

グリルもレンジ周りと同じように焦げなどが目立つ場所です。

洗剤で油や焦げを浮かせてから掃除をしましょう。

また使ったら掃除をする習慣をづける事で頑固な汚れが付きにくくなりますよ。

・調理台/冷蔵庫

調理台や冷蔵庫は汚れやすくカビが生えやすい環境です。

調理台や冷蔵庫などは水洗いの必要なく除菌効果のあるウエットティシュで拭く事で掃除が出来ます。

 

キッチンの掃除で使える便利グッズは?

大掃除の際に行うキッチンの掃除のやり方とは?掃除する際に使用する便利グッズは? 画像3

キッチンは頑固な汚れの場合が多いので手で掃除をするよりも便利グッズを使った方が簡単に落ちるので楽に掃除をする事が出来ます。

  • メラミンスポンジ
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 重曹
  • パイルクロス
  • 菌スプレー
  • 除菌ウエットティッシュ

キッチン掃除に便利なグッズや洗剤を使う事で素早く油汚れを分解する事が出来ます。

洗剤なども汚れ別に色々な種類がありますので自分のキッチン汚れにあったものを選んで活用して下さいね。

 

まとめ

キッチンの大掃除はレンジ周りやシンク周り、冷蔵庫、グリルなどを掃除する

日頃、掃除を出来ない場所を重点的に掃除する

汚れがひどい場合にはキッチン掃除に役立つ便利グッズを活用する

大掃除にバタバタしないように目に付く所は日頃から掃除をしておくことで大掃除は楽になります。

それでも油汚れなどでキッチンは汚れていきますので大掃除の際には日頃、掃除が出来ない部分も含めて徹底的に綺麗にしましょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ