スノーボード板の選び方のご紹介

スノーボード板はどのように選ぶ?


スノーボード板の選び方画像1

○スノーボード板の長さの選び方

スノーボード板の長さは身長によって変わります。
身長の低い人と高い人が同じ長さの板…というのは
おかしいですよね。
一般的な選び方は「身長-20~15cm」と言われています。
板を垂直に立てて、自分のアゴくらいの長さです。

しかし、スノーボード板の選び方には他にも諸説あり、
初心者は短めの方が扱いやすいようです。

理由はコントロールがしやすいから。


SPONSORED LINK



板が長いとそれだけコントロールに力が必要になります。
ですが長い板にも利点があり、早いスピードで滑っても
安定感があります。

なので、自分の滑りたいスノーボードのスタイルも含め、
板選びをすることが重要です。

○硬さを決めよう

スノーボード初心者は板は柔らかめを選ぶのがベストです。
柔らかい板の方がスピードが抑えられますし、ターンがしやすく
コントロールが軽いので扱いやすいのです。
特にジャンプ台の多いスキー場が好きな日本人には、柔らかい板が合っています。

スノーボード板の種類の選び方は?


スノーボードのスケーティング 後足を板に乗せる

○足の大きな人はスノーボード板の「幅」にも注意

ボードの真ん中の幅を「ウエスト幅」と呼びますが、
自分の足に対しウエスト幅が小さすぎるものはダメです。
ターンをする際などに出た足先(ブーツ)が雪面に接触するからです。
※(ブーツが出る長さが)1~1.5cmくらいは大丈夫です。
3、4センチとなると転倒の原因になりとても危険です。
特に扱いやすいからと短めの板を選ぶ際には、ウエスト幅をチェックする
ことを忘れないようにしましょう。

○忘れがちな「重さ」にも注意

スノーボード板は重いほど安定した滑りができますが、
エアー(ジャンプ)に影響してきます。


端的に言うと、重いので高さがでないのです。
逆に板は軽いほどエアーがしやすくなります。
(軽い板にも難点があり、軽量のための不安定さがあります。
しかし、高速ライティングなどをしなければあまり感じないでしょう)
初心者にオススメなのは「軽い板」です。
リフトに乗る際にも板は軽い方が足への負担も軽減できます。

スノーボード板のメーカーの選び方は?


スノーボード板の選び方画像2

○初心者はメーカーにこだわらない

有名ブランド、無名ブランドありますが、初心者に限って言えば
価格の安い無名ブランドでよいでしょう。
確かに有名ブランドの方が長い歴史から信頼がありますし、
危険を回避する能力も高いです。
しかし、危険な滑りをしない(できない)初心者の場合はまず
比較的手頃な価格の無名ブランドの板で滑るので十分ではないでしょうか。



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ