スノーボードの滑り方で中級者は何をする?

スノーボードの滑り方で中級者の定義は?


初級、中級、上級と分けることが多いですが、
はっきりした定義はありません。

SPONSORED LINK



検定によって自分のレベルを測る人もいますし、
滑るコースと技の出来具合によって自分はこれくらいだな、
と思う人もいます。

スノーボード中級者画像1

中級者とはノーズドロップが出来、上体とボードの動きが
同調できるかどうかかもしれません。


つまり、安定した滑りができ、発展した技への準備ができているかどうか。

そして、初級者と違うのは自分のレベルが判断でき
(滑れるコース、滑れないコースが分かり)、周りの状況にまで気を配れること。
マナーを守り、安全にスノーボードを滑ることができる人でしょう。


スノーボードの滑り方で中級者がやる技とは?


スノーボード中級者画像2

カービングターン

エッジに乗って、エッジをずらさずに完璧にターンできるようになりましょう。
スピードのロスが少なくターンできるようになります。

グラトリ(初歩)

飛んだり、回ったり、当て込んだりするトリックのことを
グラトリ(グランドトリック)といいます。
細かい定義はありません。

ジャンプ台などを使わず緩やかな斜面でやるのが基本ですが、
地面をうまく使った技もあるので自分のレベルにあったものを
練習してみましょう。

キッカーやジブ(初歩)

ジブとはゲレンデ内にあるBOXやレールを使って滑ることです。
キッカーとはゲレンデ内のジャンプ台を滑れるようになることです。

また、初心者から中級者に移行する際に多いのが、怪我。

ある程度滑れる様になると、背伸びをしたくなるものですが、
自分のレベルにあっていないと怪我をしてしまいます。

また、コースやトリックの最後の方で、油断が出をしてコケる事
が多くなる人も多いので注意です。

テクニックはもちろんですが、体力や道具、
天候などにも気を配るようにしましょう。

スノーボードの滑り方で中級者がやる練習法とは?


東神奈川からすぐのダイビングショップ 初めてのスノーボード 停止 止まれない 上達の秘訣とは
 

スピードを出して滑れる練習をします。


ただ、スピードを出して滑るだけでは危険なので、
スピードコントロールと緊急停止ができるようになりましょう。
スピードを出して滑るのが苦手という人も多いですが、
ある程度スピードを出さないと技も決まりませんし、逆に危険な場合もあります。

ゲレンデを滑るにしても、(自分や周囲の)安全面でも、
停止する事(ボードのコントロール)ができることは重要です。
ボードを横にしてブレーキをかける事を中級者の練習にぜひ組み込みましょう。



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ