じゃがいもを使った人気レシピをご紹介

いつもキッチンに欠かせない野菜、じゃがいもの旬は春と秋
そう、まさに今なんです。
和食にも洋食にも使えるし、値段もお手頃だから毎日気軽に使えますよね。
とっても身近な野菜なので、もっとおいしく、いろいろな料理に使えたらうれしいですね。
また、意外と知らないじゃがいもの品種や栄養の秘密などにも迫ってみます!

男爵とメークインだけじゃない?意外と知らないじゃがいもの品種


インカのめざめ画像2

最近、よくお店で見かけるようになった「インカのめざめ」
とってもロマンを感じる名前ですが、じゃがいもの中で一番小さい品種ながら、
実は黄色が濃く、食感はまるで栗のよう。
煮崩れしにくいので、煮物や粉ふきいも、カレーなどにぴったりです。

SPONSORED LINK



「キタアカリ」は比較的有名ですが、ほくほくの粉質で、香りがよくじゃがバターにすると最高です。
ビタミンCの含有量がいもの中で圧倒的だそうです。
メークインに煮た「ホッカイコガネ」は、もともとフライドポテト用に育成された品種。
糖分が少ないので、家庭でもカラッサクッとしたポテトが揚げられます。

じゃがいもをおいしく食べたい!人気のレシピは?


★チーズ入りジャガ餅★ 作り方・全工程公開 
☆老若男女が楽しめるジャガイモ料理☆ ★メインにも副菜にも!★

子どもたちが大好きなフライドポテトですが、ただ揚げて塩をかけるだけでは
シンプルすぎてつまらないことも…。
揚げたじゃがいもに顆粒コンソメ、粉チーズ、塩、こしょうをふりかけると、
目先が変わってホームパーティーなどでもウケそう。

ゆでたじゃがいもをつぶして、粉チーズ、片栗粉、マヨネーズ、塩、こしょうを混ぜ、
小判状に丸めてフライパンでこんがり焼けば「チーズじゃが餅」の出来上がり!

ごはんがすすむ「ジャーマンポテト」は、レンジで蒸したジャガイモを使います。
フライパンに油を熱し、みじん切りにしたタマネギとベーコンを炒め、食べやすく切ったじゃがいもを加えてさらに炒め、最後にしょうゆをたらし、黒こしょうをかけるとおいしくできます。

今、人気のクリームポテトのつくり方は?


クリームポテト画像1

マッシュポテトをクリーム状になるまで練った、「クリームポテト」をご存じですか?
つくり方はとっても簡単。
ゆでたじゃがいもが熱いうちに、オリーブオイル(またはバター)と牛乳、
塩を加えてクリーム状になるまで練るだけです。
牛乳が苦手な場合は、豆乳やココナッツミルクでもOKです。

できたクリームポテトを野菜やハムと一緒にパンに挟めばサンドイッチに。
耐熱皿に野菜や鶏肉を並べ、ポテトクリームとピザ用チーズをかけてレンジ
で加熱すればポテトグラタンに。
ちょっと変わったところでは、みじん切りにしたタクアンなどの漬け物と和えると、
お酒のおつまみにもなります。
冷凍保存もできるので、多めにつくっておくとなにかと便利です。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ