スイートポテトを使った人気レシピをご紹介

実りの秋は、おいしい食べ物がいっぱい。
女性が特に大好きなさつまいもは、
1年中店頭に並んでいますが、旬はまさに今。

幼稚園や保育園でお子さんがいもほりをしてきた…というご家庭も多いでしょうね。
「持って帰ってきすぎて、どう調理したらいいかな」とお悩みの方も
いらっしゃるかもしれません。
ふかしいもや、焼き芋もいいですが、子どもたちに人気のおやつ、
スイートポテトをつくってみませんか?とっても簡単なレシピで、できますよ。

おいしいスイートポテトづくりは、おいしいさつまいも選びから。


スイートポテト画像1
全体的にふっくらと太く、きれいな紅色をしているものが、
おいしいさつまいもです。持ったときに、ずっしりと重みを感じるものを選びましょう。

基本的に表面に傷がないものがよいのですが、
ねっとりした液体がしみ出しているようなものは、蜜が多いので例外です。

保存するときは、冷蔵庫に入れると低温障害を起こして傷みが早くなるので、
新聞紙などにくるんで冷暗所に置いておきましょう。


シンプルな材料でつくる、ほっこり甘いスイートポテト。


【簡単レシピ】牛乳でつくるスイートポテト[レンジ&トースター]

用意する材料は5つ。さつまいも、バター、砂糖、卵黄、牛乳、これだけです。
まずさつまいもに火を通しますが、このとき、鍋でゆでるよりアルミホイルで
丸ごと包んでオーブンで焼く方が甘みが引き出されます。

さつまいもが熱いうちにつぶして、バター、砂糖を加えて混ぜたら、
卵黄と牛乳も加え、さらによくまぜます。
あとは、丸めたり、アルミカップに詰めたりして、表面に卵を塗って
オーブンで焼くだけです。

SPONSORED LINK



焼く前のスイートポテトは、芋あんがわりにパン生地で包んで焼けば
おさつパンに、冷凍パイ生地で包んで焼けばスイートポテトパイになります。

スイートポテトは冷凍もOK。食べるときは自然解凍の後、
オーブントースターなどで軽くあたためると焼きたてのおいしさが味わえます。


子どもと一緒につくると、もっと楽しい。


スイートポテト画像2

スイートポテトは難しい工程がないので、子どもと一緒につくれます。

大人が用意するのは、さつまいもをゆでるところだけ。
あとは子どもたちにマッシャーを渡してつぶす作業をさせたり、
スイートポテトを丸い形にしたり、ハート形にしたり、
好きなように成形させると粘土感覚で楽しくお手伝いができます。

お店で見かける、さつまいもの皮に詰められたスイートポテトは、
さつまいもをゆでた後、あらかじめ中身だけスプーンでくりぬいておけば、
できますよ。
皮が破れやすいので、ここは大人がやってあげましょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ