花粉症対策になる注射について疑問にお答えします

花粉症の対策には色々なものがありますよね。

事前に対策して症状を抑えた状態で花粉を乗り切る方も居るのではないでしょうか。

SPONSORED LINK



そんな治療方法の一つに注射があります。そこで、注射についてまとめてみました。


注射にはどんな種類があるの?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_794.html

花粉症の症状を和らげる注射は大きく分けて4つの種類があります。

副腎皮質ホルモンと呼ばれるステロイドを注射するもの。

減感作療法・免疫療法と言うアレルギー物質を少しずつ体内に入れ、
抗体を作ることで症状を抑えるもの。


星状神経節ブロックという、首にある神経に注射をすることで、
鼻の粘膜の血流や自立神経の働きを高めて症状を緩和するもの。


そしてヒスタミン添加グロブリン。

これはアレルギーそのものに対する免疫を高めるもの。


この4種類が花粉症対策に効果を期待できる注射の種類になっています。

ですが、ステロイドの注射に関しては高い効果がある反面副作用なども
認められている為に、基本的に病院で打ってもらうことが難しいです。


どんな効果があるの?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_968.html

現在、多くの病院が実施している注射はヒスタミン添加グロブリンの注射や
減感作療法・免疫療法の一つであるノイロトロピン注射を受けている方が
多いと思います。

これらは、大きな副作用が確認されていませんので、
ステロイドに比べると安心して受けることができます。


効果は人によって変化しますが、目のかゆみ・鼻水・鼻づまりの症状が改善され、
皮膚のかゆみなども治まると言われています。

ただし、ヒスタミン注射は保険の適用外ですので全額負担になっています。

ノイロトロピン注射は保険の適用が出来ますので、
こう言った意味でもノイロトロピン注射を選ぶ人が多いようです。


どこで受けられるの?費用は?



出典

http://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_4261.html

注射に関しては、近くの病院などに電話をして確認する必要がありますが
外科や内科で実施していることが多い様です。


逆に、耳鼻科などで実施している所は少ない可能性もありますので、
病院に電話をしてみて確認して下さい。

保険適用のあるノイロトロピンの注射はおよそ300円から500円程度、
そしてヒスタミン注射はおよそ500円前後と言われています。


ただし、初診の場合代金が必要になることもあります。

注射だけでなく薬を服用することもありますので、
その薬代も必要になるので注意しましょう。

また、注射を一度だけ受けて終了という訳にはいきません。

何度か注射を受けて体質を改善していくことで、アレルギーに対する免疫を作ることが
必要になりますので、その点を理解しておきましょう。


ただし、内側から実際に体質を改善する訳ですから薬などの対処療法よりは
効果を期待できるのも確かです。


まとめ

色々な対策が必要になる花粉症。できるだけ症状を抑えたい気持ちは誰も同じです。

ですが、きちんと副作用やそれがもたらす効果を理解した上で選択するように
して下さいね。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ