さつまいもを使った人気レシピは?

食欲の秋。さまざまな食べ物がおいしく実る
秋の味覚の代表と言えば「さつまいも」ですね。
あの独特の甘みと香りに魅せられて「思わず食べすぎちゃう」
という人も多いのではないでしょうか。

さつまいもの特長は?

さつまいも画像1

さつまいもは、比較的天候や土壌に影響を受けづらく育てやすいため、
毎年多くの収穫が見込まれる栄養素豊富な食物です。
根菜なので、保存状態によって日持ちを長くすることができる
常備野菜としてもとても重宝されます。
甘みがあって腹もちも良いでんぷん質なため、
「食べると太る」と思われる人も多いようですが、
じつはビタミンB,C,Eやカロテン、カリウムを多く含み、
何より食物繊維を多く含んでいるという、高機能で低カロリーな食材です。

どのような人気レシピがあるか?

【簡単レシピ】牛乳でつくるスイートポテト[レンジ&トースター]

さつまいもには、実にたくさんの調理方法や加工方法があり、
加工品では素材を生かした干し芋や羊羹、
でん粉にした春雨やくずきり、芋焼酎等
が挙げられます。
大きく実ったさつまいもを自宅で調理するときは、
よくお菓子作りに用いられ、さつまいもが持つ素材の
甘みを生かしたレシピとして、大学芋や焼き芋、スイートポテトに人気があります。

SPONSORED LINK



ご飯のおかずに一品加えたい時は、ジャガイモと同じくポテトサラダにしたり、
また天ぷらやレモン煮
など、惣菜としても美味しく利用することが出来ます。

その中でも一番人気は?なぜ?

やきいも画像1

自宅でおいしく簡単にさつまいもを楽しむ為の、
一番人気のレシピは「焼き芋(ふかし芋)」です。
焼き芋は、外で落ち葉を燃やしながら、アルミホイルに包んだ芋を
じっくり焼き上げて、時間がかかるイメージがあるかもしれません。

でも、電子レンジやオーブントースターを使えば、
自宅で簡単に焼き芋を作ることができるんです。
手のひらサイズのさつまいもなら、ラップにくるんで600Wで
およそ6分間チンするだけで、ほくほくとした食感のふかし芋を作ることができます。

焼いた香ばしい香りと甘みがお好みであれば、
オーブントースターで8分~10分焼くだけで、ほんのり焦げ目の付いた焼き芋が作れます。

遠赤外線の魚焼きグリルでも同じ様に焼き芋が作れます。

さつまいもは、本来持っている素材のうまみや甘みだけで
充分においしく食べられる食材です。
そのため、たくさんの材料や調味料を使わずに、
家に備えてあるものでお菓子を作ることが出来るため、
特に小さいお子さんがいらっしゃる家庭では人気があります。
どの家庭にもある電子レンジやオーブンを使えば、
手間も掛からず簡単に調理ができ、お腹を満たすことができる
という手軽さが一番の魅力でしょうね。

秋から冬にかけて手に取る機会の多くなるさつまいもを、気軽においしく楽しみましょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ