花粉症の症状で微熱の対処法は?

春になると飛び始める花粉。

SPONSORED LINK



現代の人達の多くは花粉症で苦しんでいますので、そう言った方には
辛い季節になりますね。

花粉症の症状を、少しでも軽くするための対処法をご紹介します。


どうして微熱が出るの?



出典

http://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_6196.html

花粉症の代表的な症状は、鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどがありますが、
実は体質によって症状は様々です。

皮膚が荒れる人もいますし、微熱や頭痛で苦しむ人もいます。

ですが、微熱や頭痛は花粉症の症状では無く風邪の症状と勘違いしてしまって、
風邪薬を服用することで治そうとしてしまう人もいます。


花粉症が原因の場合、風邪薬を服用しても良くなることはありませんので、
注意して下さい。

花粉症の症状が出る時、体の中では免疫の暴走が起こっています。

本来なら人の体に害のない花粉を、危険なものだと誤解して免疫が過剰に反応します。

微熱の症状は、花粉を風邪などを引き起こすウィルスだと免疫が誤解して
発生していることが原因だと考えられます。


こういった場合の微熱は、アレルギー反応を抑える花粉症の薬を服用しないと
すっきり治ることは難しいと思われます。


微熱が出た時の対処法



出典

http://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_1712.html

まず、微熱が風邪で発生しているものなのか・花粉症のものなのかを
しっかり見分けましょう。

花粉症が原因の微熱の場合は、微熱そのものが長く続きます。

また、同時に透明なさらさらとした鼻水が出てきたり、
鼻づまりを発生させます。

こういった症状が出ていた場合は花粉症の可能性があるので、
アレルギー反応を抑える薬を服用する必要があります。

逆に、熱が高くなっていた場合や激しい咳などを伴う場合は風邪やインフルエンザの
可能性があります。

こういった場合は風邪薬を服用するようにしましょう。

微熱が長く続く場合や、頭痛などが併発している場合は耳鼻科などで
薬を処方してもらう事をお薦めします。


特に、頭痛は鼻づまりや鼻の粘膜が炎症を起こしていることが
原因の可能性もあります。

正しい医療機関を受診して下さいね。


治る?治らない?花粉症の微熱



出典

http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_6462.html

花粉症が原因で発生している微熱の場合、アレルギー反応を抑える薬を服用すれば
ある程度の症状を緩和させることは可能です。

また、出来る限り身の回りで飛んでいる花粉をガードするようにしましょう。

マスクを着用する・部屋の清掃を行う・空気清浄機を活用するなど、
現在様々な方法で花粉の除去ができるようになっています。

薬を服用するだけでなく、出来る限り花粉を取り除くことで微熱の症状を抑えることは
できると思います。


ですが、花粉症と言う症状を完治させることは難しいのが現実です。

花粉症と上手く付き合っていく方法を見つけていくことが、
大切であると言えます。

自分の花粉症の症状を正しく把握して、花粉症と付き合っていきましょう。


まとめ

毎年、花粉が飛び始めるとテレビやコマーシャルでも沢山の対策グッズを紹介しています。

全てを試すのは大変かもしれませんが、一つだけの方法に固執するのではなく
色々な方法をトライしてみましょう。



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ