ハロウィンのディスプレイの飾り付けで注目を集めよう

ハロウィンで言われるディスプレイとは何か?

ハロウィンのディスプレイの飾り付けで注目を集めよう 画像1
出典

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RCL5nQh7tZcwQAkRSU3uV7?p=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


そもそもハロウィンは古代ケルト人が起源と考えられている、悪霊を払う宗教的な行事です。

パンプキンの中身をくり抜いて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾るのが
古来より続く習わしです。


けれど現在はアメリカを中心とした民間行事となり、
ほとんど宗教的な要素が残っていません。

SPONSORED LINK



そのため、日本の家庭でも浸透したのではないでしょうか。

また、ハロウィンのディスプレイは家庭の中に限りません。

玄関を出ると、雑貨屋さんなどのお店がディスプレイにハロウィンを取り入れています。

過去に某番組でもご紹介されましたが、
長崎県北部のとあるコンビニエンスストアでは店員さんのコスプレにまで力を入れています。


 

ハロウィンでのディスプレイの飾り付けの仕方とは?

ハロウィンのディスプレイの飾り付けで注目を集めよう 画像2
出典

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RCKwRTiLtZRxMAJjSU3uV7?p=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


手っ取り早いのは、小物にパンプキンとゴーストを組み合わせることです。

この二点だけで味気ない空間が一気にハロウィン気分になります。

オブジェの代わりにパンプキンやゴースト、月モチーフの布を商品棚に被せるのも、
一つの飾り付けです。

そこに商品を置くとあたかもハロウィングッズに見えます。

魔よけの代わりにキラキラしたものを置いてみるのも素敵ですね。

現代風ハロウィンが出来上がります。

なおゴーストは浮遊する存在なのでモビールにして天井から吊るすのがベターですね。

他には壁の上部に飾るなど、空中にいることを思わせるのがコツです。

それでも物足りない場合は、店員さんを魔女に仕立てるのはいかがでしょうか。

長崎県北部のコスプレマニア・コンビニオーナーみたいですね。

 

ハロウィンでのディスプレイの飾り付けをよく見せる方法は?

ハロウィンのディスプレイの飾り付けで注目を集めよう 画像3
出典

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RCL5.tiLtZ0nYAElOU3uV7?p=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3+%E7%B4%AB&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


ゴースト、月、魔女など夜に関連するものが多いのがハロウィンです。

もともとは悪霊を払う宗教的な行事なので当然のことですが、
お店の中にまで暗い夜にするとお客様の興味を引かなくなりますよね。


私も消費者の一人として、やはり明るい雰囲気のお店に引き寄せられます。

そこでお店の壁布をパンプキンカラーのオレンジや
神秘的なパープルにチェンジしてはいかがでしょうか。


それに加えビーズやスワロフスキーを繋げたカーテンを重ねると明るい雰囲気で、
なおかつお洒落なハロウィンショップに激変します。


パンプキン型のキャンドルやLEDライトがあれば最高です。

私ならば、迷わず店内に飛び込みます。

今回ご紹介したディスプレイは一部にすぎません。

あなただけのハロウィンディスプレイを追求してみてくださいね。

きっと楽しくなりますよ。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ