ハロウィンで簡単な手作りお菓子をご紹介。

ハロウィンのお菓子で手作りできるのはどのようなものがある?

ハロウィンで簡単な手作りお菓子をご紹介。 画像1

市販品が手軽ですが、やはり心を込めてお菓子を手作りしたいというあなたには、
ぜひクッキーにトライしていただきたいと思います。


昨今では食品衛生に厳しくなっていますが、クッキーは火を通していますので、
比較的安全といえるでしょう。


SPONSORED LINK



また、さまざまな形、デザインを楽しめるのもクッキーの魅力です。

最近では百円ショップでもハロウィン専用のクッキー型が販売されていますが、
ラップのカッター部分を使用すれば、オリジナルのクッキー型を作ることができます。


ぜひ、世界に一つだけの、とびきり素敵なクッキーを作って、大切な方に送ってくださいね。

 

ハロウィンのお菓子の作り方とは?

ハロウィンで簡単な手作りお菓子をご紹介。 画像2

ハロウィンクッキーの作り方は、普通のクッキーと変わりません。

ですが、ただ型を抜いて焼くだけではものたりないのではないでしょうか。

せっかくのハロウィンですから、気合を入れて焼いたあとの
クッキーにデコレーションしてみましょう。


市販のチョコレートペン、トッピングがあれば十分です。

パンプキン型のクッキーには目や口を描いたり、
ゴーストのお顔に可愛らしいハートや星を描いたり、
バリエーションはたくさんありますよ。


チョコレートが乾いたら完成です。

こちらのデコレーションは、とくに女の子に好感を抱いてくれることでしょう。

 

ハロウィンのお菓子を手作りする際に注意する点とは?

ハロウィンで簡単な手作りお菓子をご紹介。 画像3

前述のとおり、昨今では食中毒や食品衛生などで世間の評判が厳しくなっています。

また、潔癖症の方は他人が作ったものを一切口にしません。

食べられずにゴミ箱に入れられるのが落ちです。

そのような悲しいことにならないために、配る相手の情報、
せめて他人が作ったものを食べられるかどうかの確認をしておきましょう。

そして、手作りがオーケーの際は必ず火を通していることを伝えましょう。

もちろん、あなたがお菓子を作る環境を清潔に保つのは言うまでもありません。

要は、自己満足せず、相手のことをしっかりと考えることが大事ということです。

これはハロウィンに限らず、年中必要な心構えですね。

そして注意点がもう一つ、渡す子どもたちに食品アレルギーがないか、
分かる範囲で事前チェックしておいてください。


最近の子どもたちは、私たち大人が想像もしない
食品アレルギーを持っていますからね。

図の食品以外にもたくさんアレルギーがありますよ。

あまりにも子どもたちのアレルギーが多い場合は、残念ですが、
お菓子のプレゼントは諦めましょう。


代わりにお菓子の写真を撮ってカードにしてあげても良いですね。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ