ハロウィンで市販品のお菓子を買ってみよう!

ハロウィンのお菓子で市販品で人気のものとは?

ハロウィンで市販品のお菓子を買ってみよう! 画像1

ハロウィンのお菓子を手作りで用意するのは素敵なことですが、
大量に配りたい、料理の腕に自信がない、食中毒を起こしてしまいそうで怖い、
というあなたには市販品がおすすめです。

もちろん、市販品が絶対安全という保証はありませんが、
配りたい相手の保護者さまが潔癖症であれば、市販品は無難と言えるでしょう。

SPONSORED LINK



さて、その市販品ですが、定番でなおかつ人気があるお菓子といえば
キャンディーとチョコレートでしょう。


多くのお子さまはいただいて嫌な顔をしないはずです。

チョコレートに特別な云われは今のところ不明ですが、
単純にお子さまが喜ぶものと連想するのがこの一品ではないでしょうか。

 

ハロウィンのお菓子の市販品を選ぶ基準とは?

ハロウィンで市販品のお菓子を買ってみよう! 画像2

市販品の中でも、お子さまがお小遣いで買える
駄菓子をチョイスするのはやめましょう。

食べ慣れ、見慣れているものでは、非日常を感じることができません。

また、子どもだからと馬鹿にされていると思われてしまいます。

すると、来年以降、あなたのお家ににぎやかな声が聞こえなくなります。

そうならないために、お菓子に特別感を与えましょう。

ここで、スーパーなどの販売店で親子連れのお客様を観察してみてください。

お母さまが買っても良い、悪いという基準のものが見えてくるはずです。

私なりの見解では、季節限定のラッピングを施したお菓子は割高という理由で、
子どもがねだっても買い与えないお母さまが多くいらっしゃいます。

そこで、ラッピングがハロウィン仕様になっているキャンディー、
チョコレートをチョイスしてみてはいかがでしょうか。


普段食べられないものに、お子さまはきっと感動することでしょう。

その笑顔は、送る側のあなたも嬉しくなるはずです。

 

ハロウィンのお菓子を市販品で大量に用意したい場合は?

ハロウィンで市販品のお菓子を買ってみよう! 画像3

前述のように、ハロウィン仕様のお菓子を用意するのがベストですが、
多くのお子さまに配る場合、コストに限りがあります。

そこで、低コストのキャンディーをチョイス
してみてはいかがでしょうか。

ただし、スーパーで定番化している商品はタブーですよ。

また、キャンディーの袋単位は安くても
、数袋重なればかなりの出費になります。

そこで、輸入店の瓶入りキャンディーの出番です。

ラッピングされた小袋では割高でも、場合によっては値下げ交渉もできますし、
お子さまの非日常に繋がりますよ。

一人で輸入雑貨店に入るお子さまを見たことはないはずです。

ですから、そういったところを狙うのです。

個包装でなければ小さなラピングバッグを百円ショップで購入して、
ご自分で包んでも楽しいですよ。


市販品の最大のポイントは、楽しめるかどうかに限ります。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ