寝るときの冬の寒さ対策で効果的な方法は?

寒くて眠れない時ってありますよね。

私は冷え性で靴下を履いて寝ていますが、それでも寒くて寝付くのに時間がかかってしまいます。

寝るときに少しの工夫で暖かく快適に眠る事が出来ます。

SPONSORED LINK



効果的に行う事ができる寒さ対策を紹介します。

 

寝るときにする冬の寒さ対策で効果的な方法とは?

寝るときの冬の寒さ対策で効果的な方法は? 画像1

寝るときに冬の寒さを感じず眠る方法で効果的な方法を紹介します。

部屋の温度を下げない

窓の隙間から冷たい風が少しでも入ってくると部屋の温度が下がり眠る時の寒くなります。

寒さ対策として窓に断熱材などを施しましょう。

梱包材のプチプチやアルミシートを張るだけでも違います。

さらに床にも防寒対策をする事で部屋の温度を下げずに寝る時に寒くなりません。
こちらの寒さ対策でもアルミシートを活用すると簡単ですよ。

またカーテンを長めにする事で冷たい空気をシャットダウンする事が出来ますよ。

お風呂にゆっくり入る

寝る前にゆっくりお風呂に入る事で体が心から温まります。

熱すぎないお風呂が理想で温度は40度前後がおすすめです。

寝るときにあったか靴下などを履く事でも寝るときの寒さ対策になります。

 

寝るときにする冬の寒さ対策で効果のある布団とは?その掛け方は?

【後半に報告あり】冬の睡眠時の「寒さ」、
布団乾燥機で克服だ!


部屋の防寒対策をしているのに寒い場合には布団を変えてみましょう。

寒さ対策の出来る布団があるのを知っていますか?

羽毛布団

羽毛布団は軽くて柔らかく寝やすいので人気です。

羽毛は断熱性に優れているので温まった空気を外へ出しません。

羊毛布団

羽毛に比べるとあまりメジャーではありません。

ですが高い保温性があり吸湿性や放湿性に優れているので
汗をかいた時にも湿気がこもりにくいですよ。


ポリエステル素材の布団

価格も安く保温性も高いので冬の寒さ対策にはおすすめです。

ですが吸湿性がないので蒸れが気になる場合があります。

汗をかきやすい人には向かないです。

布団を変えるには金額的にも難しい・・・
という方は毛布を変えるだけでも違います。

フリース素材やボアのものを選ぶと暖かいです。

さらに布団乾燥機を使う事で寝る前に使う事で冬の寒さ対策が出来ます。

自宅にあったなぁ~という方は試してみて下さいね。

 

寝るときにする冬の寒さ対策でよくない方法とは?

寝るときの冬の寒さ対策で効果的な方法は? 画像2

寝るときにする冬の寒さ対策を紹介します。

実は体を暖めようとしていた事が逆効果だったという事もありますので注意しましょう。

厚着をし過ぎる、布団をかけすぎるやり過ぎは禁物です。

パジャマを着こみ過ぎると熱が発散できず寝苦しくなってしまいます。

布団をかけすぎるのも同じ理由です。

寝苦しい状態で眠る事で疲れが取れずに、肩こりや腰痛の原因にもなります。

靴下で足を締め付ける

寝るときに冷えが酷くて靴下を履く方は多いと思います。

私もそうですが、これは足を締め付けて血行を悪くしてしまっているのでおすすめできません。

足が冷えて眠れない時には締め付けのない靴下を選ぶ、レッグウォーマーにする事で足が締め付けられず冷え対策する事ができます。

 

まとめ

快適に眠る為に部屋の防寒対策をする

熱を逃がさない布団を選ぶ

靴下で締め付けない、布団をかけすぎない!

寝るときには布団の素材をかえるなどで冬の寒さ対策をする事が出来ます。

交換するのは面倒だと思う方は布団乾燥機も便利です。

布団乾燥機は湿気対策にも良いので快適な睡眠をしたい方にもおすすめですよ。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ