部屋の窓を改良すれば冬の寒さ対策はできるか?効果が高い方法は?

冬に寒さ対策をすると暖かいですし部屋の温度が上がる事で電気代の節約にも役立ちます。

部屋を暖める方法として窓を改良すると室内の温度が高くなり寒さの対策が出来ます。

簡単に出来る窓の改良方法や冬の寒さ対策に効果が高い方法を紹介します。

SPONSORED LINK



 

部屋の窓部分を改良すれば冬の寒さ対策はできるか?

部屋の窓を改良すれば冬の寒さ対策はできるか?効果が高い方法は? が画像1

冬になると部屋を暖める為にエアコンやストーブを使います。

夏に比べると電気代や燃料代がかさみます。

本当に窓を改良すると部屋は暖かくなり冬の寒さは対策出来るのでしょうか?

実は窓の改良で冬の寒さ対策ができ、それも簡単な方法で窓の改良が可能です。

力のない女性でも簡単に出来る改良方法なので寒さ対策をしたい方は試してみてください。

 

部屋の窓にする冬の寒さ対策を100均で済ませる方法は?

部屋の窓を改良すれば冬の寒さ対策はできるか?効果が高い方法は? 画像2

部屋の窓にする冬の寒さ対策は簡単で100均で購入する事が出来ます。

おすすめのアイテムを紹介します。

プチプチ


梱包材にも使われるアイテムですが寒さ対策にも利用できます。

100均には窓に貼れるプチプチが販売されています。

プチプチは窓ガラスに空気の層が出来るため断熱効果が発揮されます。

100均のプチプチじゃなくても両面テープがあれば梱包材のプチプチでもOKです。

隙間テープ


窓の隙間などを塞ぐ隙間テープは保温性よりも隙間を無くす事で冷たい空気の侵入を防ぎ暖かい空気が逃げない様にします。

こちらも100均で販売していますが一般的に売られているものよりも長さが短いです。

あらかじめ、どのくらいの長さが必要かを調べてから購入しましょう。

アルミシート


レジャーマットとして使われているアイテムです。

こちらも寒さ対策に活用できます。

100均でも販売されている商品でプチプチよりも保温性は高いです。

アルミシートは部屋の暖かい空気が外に逃がさず、外からの寒い空気もシャットアウトします。

他にも100均には寒さ対策グッズがありますので自分の家にあった対策グッズを選びましょう。

 

部屋の窓にする冬の対策で最も効果が高い方法とは?


外から見えにくい!中間断熱フィルムで冬はポカポカ節電。
院長先生の声!日本エコ断熱フィルム


100均アイテムを使った寒さ対策でも効果はありますが、もっと効果を上げたい方には断熱フィルムがおすすめです。

窓にフィルムを張るだけで部屋がポカポカで節電効果も高いそうです。

プチプチやアルミシートは見栄えも良くありませんが、こちらは透明で貼っている事も分からず見栄えも良いです!

結露防止にも役立つので寒い地域に住んでいる方にはおすすめですね。

まとめ

窓の改良で寒さ対策は可能!

100均アイテムのプチプチやアルミシートで寒さ対策が出来る。

もっと断熱効果を上げたいなら断熱フィルムがおすすめ。

寒い地域に住んでいるのでプチプチを窓に貼っています。

外の様子が分からないので不便さもありますが部屋の保温性は貼っている方が良い気がします。

見栄えを気にしない私は良いですが、気にする方は透明な断熱フィルムを試してみるといいかもしれませんね。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ