インフルエンザの予防接種にはどんな効果があるか?

インフルエンザの発症を抑えるための手段の一つとして、
予防接種というものがあります。

SPONSORED LINK



あらかじめ、インフルエンザに対する免疫を体内で作っておくものです。

これには、どのような効果があるのでしょうか。まとめてみました。


予防接種の効果とは



出典

http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_968.html

インフルエンザに対する予防接種には、そのウィルスの増殖を抑えることと、
実際に感染した時の症状を緩和させる効果が期待されています。


つまり、予防接種を受けたからと言ってインフルエンザに感染しなくなる
わけではありません。


体内にウィルスに対する免疫が出来れば、そのウィルスが増殖する前に
免疫細胞が働いてくれます。

特に、ウィルスに対する免疫があまりない子供や高齢の方にとっては、
予防接種を受けておくことで症状に苦しまなくてもよくなります。

ですから、予防接種はインフルエンザにかからないためのものではなく、
インフルエンザの症状を軽くするためのものだと考えておくと良いでしょう。

また、予防接種で「風邪」を防ぐことはできませんので、
その点も意識しておいて下さい。

完全にウィルスを防ぐことはできませんが、効果として期待できるものも
確かにありますので、予防接種を受けておいてもよいかもしれません。


効果はいつから?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_794.html

基本的に、予防接種を受けてもすぐに抗体ができるわけではありません。

予防接種を受けてから、体内に抗体ができるまでの期間はおよそ
1~2週間後と言われています。


予防接種を受けたからと言って、次の日からすぐに効果が期待できる!
というような事はありません
ので、外出先から帰宅した時は手洗い・うがいを忘れず、
人込みではマスクの着用を心がけましょう。

予防接種を二回に分けて受ける場合は、抗体を体内でしっかり養う必要がありますので、
一回目を受けてから3~4週間ほど明けてから接種すると良いと言われています。

二回に分ける事で、減少しはじめた抗体が倍に増えるという
「ブースト効果(免疫増幅効果)」が期待できます。

一回でも全く効果がない訳ではありませんが、二回に分けて接種した方が
免疫は増加します。

医療機関や医師としっかり相談をして、何回接種するかを決めて下さい。


いつまで続く?予防接種の効果



出典

http://www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_3803.html

予防接種を一回受ける場合と、二回に分けて受ける場合で
効果が持続する期間も変わってきます。

基本的に、一回の予防接種で効果が持続するのはおよそ1カ月といわれています。

が、二回に分けて接種した場合は3~5カ月程度の効果が期待できます。

絶対にインフルエンザになりたくない!という方はできれば二回に分けて
接種した方が良いかもしれませんね。

医療機関や医師によっては、一回で良いという人も居るかもしれません。

そこは自分の希望をきちんと医師に伝え、相談をした結果で決めて欲しいと思います。


まとめ


できれば発症したくないインフルエンザ。

予防接種を受けていれば、完全とは言いませんが症状を軽くしたり発症しても
苦しまなくて済む効果はあります。

自分がどうしたいのかをきちんと医師や医療機関に伝えてどうするかを決定しましょう。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ