インフルエンザの予防のための最適な湿度とは?

インフルエンザウィルスだけでなく、様々なウィルスの活動は
空気が乾燥すると活発になると言われています。

SPONSORED LINK



そこで、予防のために最適な湿度とその為に注意すべきことについて
まとめてみました。


なにが関係しているの?予防と湿度



出典

http://www.irasutoya.com/2014/03/blog-post_9172.html

様々なウィルスの活動は、空気が乾燥している程活発になり激しくなります。

これと同じ様に人間ののどや気管支は乾燥するほど免疫力が下がり、
防御機能も低下します。


この為、出来る限り適切な湿度に保つことが、予防にとって必要な事になります。

特に、冬の時期は部屋を暖める暖房器具で空気が乾燥しがちです。

石油ストーブやファンヒーターなどは、燃焼によって水蒸気が発生しますので、
乾燥もあまりしません。


ですが、電気ストーブやエアコンなどは水蒸気を発生させることはできません。

この為、長時間使用していると部屋が乾燥して、ウィルスが蔓延しやすい
状況を作ります。

加湿器などを活用して、湿度を一定に保つようにしましょう。


湿度を一定に保つために有効なもの



出典

http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_9495.html

一番手軽に湿度を保つことができるのは、加湿器です。

ただ、加湿器は水や機械を清潔に保たなければ、
アレルギー物質や有害物質を部屋の中にまき散らす恐れがあります。


取り扱い説明書などをきちんと熟読し、手入れをこまめに行うようにしましょう。

また、洗濯物を室内に干す事も有効な手段です。

冬は特に日照時間が短く、洗濯物も乾きにくくなっています。

室内に干しておいて、湿気を増やす為に活用するのが良いでしょう。

濡れタオルを室内に吊るすという方法もありますが、
この方法をするなら何枚か用意する必要があります。

一枚の濡れタオルだけでは、室内の湿度を上げることが難しい場合もあります。

何枚かのタオルで湿度をコントロールするようにしましょう。


湿度管理に欠かせない!湿度計



出典

http://www.irasutoya.com/2014/02/blog-post_3568.html

現在の湿度を知るために欠かせないのが、湿度計です。

温度計とセットになったものが多く、メーカーも様々です。

金額も幅広くありますが、高価だから機能が良い・安価だから信用できないとは
一概に言えないのが現実です。

ですから、手に入りやすい価格の中で、使いやすい物を選ぶのが良いでしょう。

特に人気の高いメーカーは「タニタ」や「エンペックス」・「シンワ」などです。

「タニタ」や「シンワ」などは時計と一体化し、
温度や湿度を計ることができるのが人気のポイントの様です。

「エンペックス」は湿度・温度のみしか計ることができませんが、
表示が見やすく一目見て現在の温度と湿度を見比べることができることが
評価を集めている理由の一つの様です。

皆さまの使いやすい一品を選んで欲しいと思います。


まとめ


ウィルスの発生に大きく関わる湿度。部屋の中の湿度がどの程度のものなのか、
きちんと理解しておく為にも湿度計は一つ置いておくと便利かもしれませんね。

参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ