インフルエンザの予防接種の副作用はあるか?

予防接種とは、病気になるその前に、ウィルスを体内に取り込み抗体を作ることで、
発症を抑えるものです。

SPONSORED LINK



特に、インフルエンザの予防接種は受けたことがある人も多いと思います。

体内にウィルスを取り込むという行為に危険はないのでしょうか。


副作用はある?ない?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_821.html

予防接種を受けたことのある人なら、御存知かと思いますが
予防接種を受けた場所が赤く腫れてきた経験はないでしょうか。

厳密な意味で言うのであれば、この赤く腫れてくることも副作用の症状の一つです。

ですが、これは体内できちんと抗体が作られているサインでもありますので、
まあり深刻に考える必要もないでしょう。

この症状に代表されるように、ウィルスを体内に取り込むことで
少なからず副作用の症状は発生しています。

あまり目には付きにくいかもしれませんが、体内に敢えて菌を取り込む訳ですから、
副作用は全くないと言い切る事はできません。


副作用の症状はどんなもの?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_2801.html

先述したように、予防接種を受けた場所が赤く腫れてくるのは症状の一つです。

これはあまり心配しなくても良いのですが、この腫れがどんどん広がって
治まらないこともあります。

特に、肩や肘まで広範囲に広がった時は要注意です。

薬そのものにアレルギーを起こしている可能性があります。

すぐに医師や医療機関に相談しましょう。

また、アレルギーの中でも卵アレルギーを持っている方は
予防接種を受ける前には注意が必要です。


予防接種のワクチンを作る過程で鶏卵を利用していますので、
アレルギー反応が出る恐れがあります。


必ず接種する前に医師に相談をして下さい。

卵アレルギーなどを持っていなくても、薬の成分でアレルギー反応を
起こしてしまうことはあります。


呼吸が苦しくなったり、じんましんが出る時は、アレルギー反応を
起こしている可能性が高いです。

こういった症状は、接種後に時間を置かず発生することが多いです。

また、手足に力が入らなかったり痺れたりすることがあります。

こういった症状は接種後2~3週間程度で発生します。

この症状は、接種を受けてからしばらく時間を置いて発症することが多いので、
予防接種と関連付けることが難しいことがありますが注意して下さい。


症状が出た時の対処法は?



出典

http://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_4966.html

腫れが広がったり、呼吸が苦しくなるアレルギー症状を起こした場合は
まず予防接種を受けた医療機関に相談するようにしましょう。

特に、アレルギー反応は酷い時は意識レベルが低下するだけでなく、
呼吸困難などで命に関わることもあります。

早めに医療機関を受診するようにして下さい。

手足のしびれや力が入らなかった時は、ギランバレー症候群の恐れもあります。

この場合は、神経科の医師に相談するようにしましょう。

ギランバレー症候群の場合はおよそ一年から半年で完治することが殆どです。

症状を簡単に判断せずに、医療機関にきちんと相談しましょう。


まとめ

体内にウィルスを取り込むと言う事は、少なからずリスクを背負うことに繋がります。

もちろん、こういった副作用は殆どの人は発症することはありません。


ですが、過去にアレルギー反応を起こしたことがある人などは、
きちんと事前に医師や医療機関の人に相談しましょう。



スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ