結婚式でのパンツドレスのおすすめコーデをご紹介

結婚式でのおすすめのパンツドレスコーデは?

結婚式でのパンツドレスのおすすめコーデをご紹介 画像1
出典

https://mgos.jp/item/detail?item_code=0605-4-05300&color_code=0683


最近ではパンツスタイルでの女性参列者が増えていますね。

私自身もパンツタイルでの出席が増えている気がします。

SPONSORED LINK



ですがこれまで日本ではスカートスタイルが良しとしていたので、
なかなかパンツスタイルに馴染めない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに私も当初は抵抗を覚えましたが、一度身に付けるともう二度と
スカートスタイルに戻れないのではないかというほどの感触を得ました。

普段からカジュアルな服を身に付けているからかもしれませんね。

普段からパンツスタイルを通していらっしゃる方は、
勇気さえ出せばすぐにでも馴染めるのではないでしょうか。

パンツスタイルの魅力ははシンプルなデザインであり、
大ぶりアクセサリーやクラッチバッグが引き立つことです。


そこで私のネイビーカラーをお勧めします。

大人カワイイカラーのタイトなパンツで全体を引き締めたら、

大粒パール、スクエア以外のイレギュラーなフォルムのクラッチバッグで
華やかさをプラスするのがベターです。


逆に華奢なトップのペンダントは寂しい印象を与えるので、避けましょう。

ちなみに写真のパンツドレスはブランド「ふりふ」のものです。

 

結婚式でのおすすめのパンツドレスのブランドは?

結婚式でのパンツドレスのおすすめコーデをご紹介 画像2
出典

https://mgos.jp/item/detail?item_code=0325-0-15700&color_code=0316


私のおすすめはAIMER(エメ)と「ふりふ」です。

ふりふのドレスは前述でご紹介しています。

二番目の写真はAIMERの一品です。

色違いでネイビーもありますが、こちらの色もパールと似合いそうですよね。

また、黄色の花モチーフもありかもしれません。

それでもどうしてもお値段が厳しい方はレンタルか、
ニッセンなどの通販で購入しても良いです。

ただ、注意していただきたいのは、招待してくれた結婚式は、
新郎新婦にとって一生に一度の晴れ舞台だということを忘れてはいけません。


相応の服装でおもてなしを受けるのが、大人のマナーというものですよね。

 

結婚式でのパンツドレス着用の利点とは?

結婚式でのパンツドレスのおすすめコーデをご紹介 画像3
出典

https://www.mwed.jp/manuals/414/


第一に、ご自分が新郎側の招待客、新郎とは友人関係というときに
新婦に気を遣わなくて良いことです。

新婦側の招待客はここぞとばかりにお洒落に気合を入れスカートを身に付けるでしょうが、
新郎側の友人に過ぎないという主張に反してしまいます。

下手をすれば、やきもち焼きの新婦が新郎に未練でもあるのではないか、
気を引こうとしているのではないかと勘ぐります。

その点、パンツスタイルであればむしろあなたが
かっこよく見えますから新婦の印象も良くなるはずです。


第二に、最大の利点は子連れでの結婚式出席の際、
子どもに何があっても素早く動けることです。


子どもは不慣れな環境で興奮しがちです。

走り回ることも、ともに招待を受けた親戚の子どもとあたりを
駆け回ることもあるでしょう。

そんな子どもを制したいときにスカートの裾が邪魔になりかねません。

もし小さな子どもを同席させるときはパンツスタイルで決めたいものですね。

あくまで、招待客としての衣装は招待してくれた新郎新婦に迷惑をかけない、
不愉快な思いをさせないことが大前提ですね。


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ