結婚式で女性がアクセサリーを選ぶ際の注意点とは?

結婚式で身につけるのを避けた方がよいアクセサリーとは?

結婚式で女性がアクセサリーを選ぶ際の注意点とは? 画像1
出典

https://www.pakutaso.com/201701160232-19.html


結婚式に限りませんが、その場に応じて大人のマナー力を試されることが多々あります。

その一つが結婚式です。

SPONSORED LINK



さて、あなたにファッションのスパイスをくれるアクセサリーにも
大人のマナーが存在するのでしょうか。

答えはイエスです。その一つをご紹介しましょう。

結論から申し上げますと、殺生を連想させる動物柄のアクセサリーは絶対にやめましょう。

アクセサリーだけではありません。

ドレス、パンプス、バッグもしかり。

殺生という不吉なことを、晴れやかな結婚式に持ち込みたくないですよね。

あなたも新郎新婦の立場であれば、一つでも不吉な要素を除外したいと思いませんか?

 

結婚式で身につけるおすすめのアクセサリーとは?

結婚式で女性がアクセサリーを選ぶ際の注意点とは? 画像2
出典

https://www.pakutaso.com/20111251350post-1003.html


どのようなシーンにも合うパールが理想的です。

また、新郎新婦を祝う気持ちを込めて見にブーケのような
花モチーフの髪飾りもおすすめします。

できることならば花言葉に合わせると、あなたの祝福の気持ちが溢れて表情に現れるでしょう。

例としてガーベラはいかがでしょうか。

花言葉は「前進」「常に前向き」です。新郎新婦への
エールにぴったりだとは思いませんか。


またパワーストーンも良いですね。

3月の誕生石アクアマリンには「幸せな結婚」という意味が込められていますよ。

 

結婚式で身につけるアクセサリーの合わせ方とは?

結婚式で女性がアクセサリーを選ぶ際の注意点とは? 画像3
出典

https://www.pakutaso.com/20131045295post-3400.html


基本的に新郎新婦よりも目立つアクセサリーは単品であっても避けましょう。

お二人を立てるのがあなたの務めです。

パールは例外として、花モチーフやパワーストーンなどは小ぶりにしましょう。

花モチーフで例えるならば1輪につき直径5センチまでですね。

花モチーフで髪や胸元を飾るのであれば、華奢なチェーンのブレスレット
またはパールの粒イヤリング・ピアスまでに留めておきましょうね。


アクセサリーの合わせ方は普段のファッションでも同じ、足し算と引き算で成り立ちます。

主役アクセサリーは何なのか、きちんと見極めましょうね。

もし花モチーフもパワーストーンも好まない、
もしくは手持ちにない場合は無理に身に付ける必要はありません。

最強アクセサリー・パールさえあれば一連でも三連でも
十分あなたの魅力を引き出してくれますよ。


最強のアクセサリーを身に付けたら、仕上げに最強のエッセンス・自信を加えましょう。

新郎新婦を立てながらもあなたを魅力的に輝かせてくれます。

そこから素敵な恋が発展するかもしれないと思うと、なんだかワクワクしませんか?


スポンサーリンク
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ